爺のラジオ局 Ⅱ

年金も満額いただける年齢になりました。まだ、仕事をしつつ競技ダンスから園芸など多趣味な生活を送っています。

今までの経験を踏まえて小さな社会貢献

2017年07月27日 | 自分のブログ

これまでの人生で、いろいろなことを経験してきました。

また、それなりの知識?も得てきたようにも思います。

機会あって、山梨県のある高校でゲストティーチャーとして呼ばれました。

これから学科(進路)などを決める高校一年生を対象にしてのお話です。

 

 

120名近くの生徒さんが集まっています。

私がお話するテーマは「学びと仕事(将来の生活)とのつながり」です。

高校一年生へのお話はかなり難しいですね。

私の高校一年生の時を考えれば、気持ちも分かります。

どっかのおっさんが何かを話していた・・・。くらいの記憶しかないかも知れません。

どのように伝えるかも試行錯誤してパワーポイントを作成しました。

 

 

一方的なお話では聞いてくれません。

私の経験や過去のエピソードを高校一年生と同じ目線で話さなければと・・・。

勉強と言う立場で一方的に学問を教えるのは容易かも知れませんが、将来の方向性や現状を伝えるには、自分なりにも勉強させていただきました。

まさに学びとはなんだろう?仕事とはなんだろう?をお伝えする努力をしてみました。

 こうして見ると、学びは一生続くものだと思います。

 

この高校では他の授業もあり、講堂は使われているようで体育館でお話しました。

このような機会をいただき、会場などはどこでもいいのです。

生徒さんも飽きずに聞いてくれたことは何よりです。

シリーズでお話して欲しいと依頼を受けました。

私にできることならと、快諾いたしました。

 

 

校長先生とパチリです。

どのような形にであれこれまでの経験を若者にアドバイスできれば、私にとって小さな社会貢献(恩返し)だと思っています。

昼過ぎに列車で一度帰宅しました。

そして、夕刻には昔の仲間と一杯やることになっています。

 

 

場所は立川の「そば処 やぶ砂」さんです。

一杯やる仲間のご兄弟が経営しているお店です。

所属する団体は異なりますが、彼らとも昔苦労した仲間で25年以上の付き合いです。

 

 

昔話から始まり、今のことなど話が尽きません。

私を見て元気ですね~(ご活躍ですね)と言ってくれます。

みなさんもお一人はセカンドステージで、もうお人方はまだ現職で頑張られています。

 

 

話に夢中になり、写真を撮るのを忘れていました。

現職時代の苦労話で盛り上がります。

 

 

美味しい蕎麦屋さんですので、そば焼酎と蕎麦湯のお湯割りで一杯です。

ボトルも空き、ほろ酔いになってお開きになりました。

25年経っても楽しい仲間です。

そう、〆に蕎麦が出されましたが、写真を撮るのを忘れました。

それだけ楽しい時間だったのでしょう。

山梨での講義や立川での一杯。

この日も長い一日でした。

 

yuki

 

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲んで笑って納涼会 | トップ | 色とりどりのおもしろカボチャ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む