爺のラジオ局 Ⅱ

年金も満額いただける年齢になりました。まだ、仕事をしつつ競技ダンスから園芸など多趣味な生活を送っています。

しめ縄の出来るまで (その1)

2006年12月03日 | Weblog

師走に入り、毎年恒例の注連縄(しめなわ)づくりを行います。

今回から、何回かに分けて田植えから注連縄作りまでをご紹介いたします。

私なりの、小さなドキュメンタリーです。

六月の中旬に、女房の実家(山梨)から、稲の苗が届きました。

庭のプランターに苗を植え、注連縄を作るためです。

6月14日(大安)に田植えを行いました。

 

梅雨時には追肥をし、稲がどんどん育ちます。

この成長を見るのは気持ちの良いものです。

 まさしく、若さを象徴しているかのようです。

 

ふと見ると、稲の穂と花が咲いていました。

一つ伸び、二つ伸びしている間に、1週間後くらいには一斉に稲穂が顔を出します。

 

梅雨の終わりには、こんなに実を付けました。

稲穂は雷があたると、良く育つと言われています。

今年も梅雨明けの雷鳴があちこちに聞こえました。

 

暑い太陽を受けて、シッカリと成長しています。

 この頃は、水が腐りやすくなるので要注意です。

水管理が大事な時期ですね。

庭先の稲穂の間を通して入る風は、何とも心地の良いものです。

ちなみに、我が家の居間にはエアコンがありません。

扇風機か団扇が必需品になっています。それと蚊取り線香も・・・。

今年はプランターに植えた、ニガウリも沢山収穫いたしました。

 

やがて、夏の終わりを感じ始めました。

庭先ではコオロギが鳴いています・・・。

 綿花(コットンボール)の白やピンクの花を付けています。

 初秋のころ、稲穂もたわわに実って来ました。

 

10月下旬に稲刈りを行いました。

注連縄を作るために、ちょっと青いうちに刈り取るのです。

今年もいろいろな場面で稲の育成を楽しみましたね。

米を作るには、八十八の工程があるそうです。

それで米と言う字になるのです。

私は楽しみだけの作業ですので、全体の半分も行っていませんね。

 

刈り取った稲です。

このあとは日陰で乾燥させ、新聞紙に包んで11月の末まで保存します。

 次回はいよいよ注連縄づくりをご紹介します。

ここまでに半年が過ぎました。

 yuki 38

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加