爺のラジオ局 Ⅱ

年金も満額いただける年齢になりました。まだ、仕事をしつつ競技ダンスから園芸など多趣味な生活を送っています。

お返しは焼き豚

2006年03月15日 | Weblog

バレンタインデーやホワイトデーのあり方に賛否両論あるのも事実だ。

日本人は熱しやすくて冷めやすいとも言われているが、いつまで続くのか・・・。
そう思えば、バレンタインが流行りだしたころは大変だった。
いろいろな?方からいただき、夏を過ぎてもチョコレートが残っているときもあった。
その分、お返しも大変だった・・・。

最近ではそれも一通り落ち着きはじめ、内輪のセレモニーになっている。

ところで、私からのお返し(ホワイトデー)は、昨年から手作りの焼き豚にしている。
理由は、手作りだから。美味しいから。喜ばれるから。安いから。である。

造り方は、1月29日「焼き豚のレシピ」を参考にしていただきたい。
食べやすいようにカットし、100円ショップで買い求めた容器に入れて差し上げている。
費用は一本で1000円はしない。(人件費抜き)

特に、嫁の純や母は、大のお気に入りらしい。
昨日も「お父さん、凄く美味しかったです」と嫁の純からメールが届く。
上げるほうも張り合いがあるもんだ。
これなら、毎月ホワイトデーがあっても良いと思う・・・(子離れしない親?)

また、最近は節分に恵方巻とやらを、ある方向に向いて黙って食べろとのこと。
いったい、発祥はどこで何のためだかわからない。

コンビニ経営の友人からお願いされて、義理で毎年買っているが、いつも作法?は無視していただいている。
私にとっては豆まきの方が大事なんだ。

我が家では、日本古来の四季を感じる儀式は、出来るだけ行うように心がけている。
先ずは、21日の「春の彼岸」は菩提寺へお参りである。

墓参りで手を合わせることで、気持ちの上でもやっと春が来たと感じる。

コメントの御礼
武蔵野市議の 安江清治さん:コメントありがとうございます。毎日更新頑張っています。
「全力で突っ走るのもいいのですが、時には道ばたに咲く綺麗な花の美しさに気付く余裕も持ちたいと思っているのですが。。。」
そのとおりですね。人の優しさは、心の余裕にあるのでしょう。
いろいろとお世話になります。よろしくお願いいたします。

世田谷区議の田中優子さん:いつもコメントをいただくのは、真夜中ですよね。頑張り屋さんの後輩。
体が資本?ですからね。やさしい先輩から・・・。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加