まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

生き物が 無口になった 秋そぞろ

2016年10月13日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は気圧の谷の影響で曇っていた。気温は16.2度から20.6度どまり。湿度は85%から57%、風は3mから1mの北北東の風が少しばかり。明日の14日は、気圧の谷の影響で曇りますが、高気圧に覆われてくるため、昼前からは次第に晴れる見込みらしい。

 

 まずは、咸臨丸子孫の会、元事務局長・小杉伸一さんの逝去の報に接し、合掌・お念仏。 生前にはいろいろとお世話になりました。心より哀悼の誠を捧げます。

 

 朝方は寒い・・と感じるようになった。そこで、気になっていた家の横の水路脇の草刈りをすることにした。暑いから・・雨だから・・・と、ついつい先延ばしになっていたから草がぼうぼう・・。

 

 ここはわが家のものではないが、わが家のすぐ前だから気持ちが悪い。そこで、いつも私が刈り払ってきた。

 

 秋になると、草や細い木は丈夫に育ってきて堅くなって刈りにくい。だから、力任せに刈り払ってしまう。

 

 水路の右側はお隣さんちの畑だが、おじさんが亡くなって80過ぎのおばあさんが一人。だから草刈りもままならない。水路とわが家のブロック塀との間は、水利組合の「泥揚げ場」である。

 

 その反対側の草丈は長くはないが、ついでに刈り払っておく。

 

 これで草が枯れてくるとさっぱりとする。

 

 その後、遍路札の整理をしてみたが、額が足りない。わが家にあるものは、どれも帯に短し、タスキに長し・・・。

  

 で、100円ショップで額を探してみたが、これまた、帯に短し・タスキに長し・・・ばかり。

 

 仕方がないから、ホームセンターをのぞいてみたが、最近は額の需要がないものか、高級なものしか置いてない。

 

 結局の薬局で、100円ショップの200円コーナーのものを買ってきたが、うまく並ぶじゃろうか。

 

 これはこれでいいとしよう。

 

 今日の掲示板はこれ。「そのうち そのうち べんかいしながら 日がくれる」という相田みつをさんの言葉から。いつもお世話になっている赤松先生のお寺の掲示板にあったもの。

 「 そのうち 」

そのうち お金がたまったら
そのうち 家でも建てたら
そのうち 子供から手が放れたら
そのうち 仕事が落ちついたら
そのうち 時間のゆとりができたら

そのうち……
そのうち……
そのうち…… と、
できない理由を
くりかえしているうちに
結局は何もやらなかった
空しい人生の幕がおりて
頭の上に 淋しい墓標が立つ

そのうちそのうち
日が暮れる
今来たこの道
かえれない

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木の実踏む 足の痛さに 秋の音 | トップ | 伸びてきた ススキに明日の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。