まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

インフルの マスク姿や 野菊摘む

2009年11月27日 | 自然
 今朝も秋らしいさわやかな朝になった・・・。

 午前中はお布団を干したり・・書斎の片付けとか・・マシン室の整理とかをやった・・。マシン室のマシンを一斉に立ち上げて・・自動更新とか・・バックアップとかを確認する・・。

 ま、いろんな機種とかいろんなOSとかが動いているもので、時にはそれぞれに確認しておかねば・・・。富士通のデスクトップ、SOTECのノートPC、IBMのデスクトップ・・。それに書斎の・・SOTECのデスクトップ・・。

 

 孫のはやてちゃんが熱を出した・・というので、けいこばぁが屋島に出かけ・・、母のさっちゃんが歯が痛い・・というので、私が歯医者に連れて行ったりして・・・午前中は・・バタバタとしてしまった・・。

 で・・今日のお昼は・・さぬき市鶴羽(つるわ)の・・「手打ちうどん・つるわ」に行ってみた・・。ここの名物が・・「しっぽくうどん」だということを思い出したからだ・・。お店の前には・・「しっぽくそば」と書いてあるが、讃岐では・・おそばは・・ほとんど出ないのだという・・。

 

 で・・、おうどんをこねているおばちゃんに・・「しっぽくうどんを食べたいんやけれど・・」というと・・「うちはおそばよりもおうどんが多いんよ・・」という・・。

 で・・、ふと、見ると・・・。

 

 「お店のあちらこちらが壊れてきて、それを補修する元気もないし、身体もあちらこちらにガタがきたので、そろそろ・・時期かなぁと思うので・・今月でおしまいや・・」と、おばちゃんがいう・・。今月末ということは・・あと、数日やね・・。

 

 うーん、そう言われれば・・元気のない・・おうどんかしらんね・・。でも・・野菜の味のしみ込んだおいしいおうどんやった・・。麺は・・少し・・柔らかすぎたかな。

 そうか・・名物ばあちゃんのおうどん屋さんが、また、ひとつ・・消えていくんか・・・。寂しいような・・力が抜けて行くような・・おうどんやったね。最後のしっぽくうどんは・・400円・・。

 ありがとうね、田中由子おばちゃん・・お疲れ様・・。

 

 午後からはお布団を取り込んだり・・片づけたり・・。

 資料の整理をやったりと・・・。あれこれと手を出すのだけれど、成果としては残らないようなものばかり・・。ま、いわゆる・・雑用やね・・。

 そうそう・・久々に本屋さんに行って・・、「平成二十二年神宮館高島暦」という・・「こよみ」の本とか、月刊「角川俳句12月号」、月刊「大法輪12月号」の三冊を買った・・。おそらく・・・読んだり・・開いたりはしないような本なんだけれど。

 

 でも・・さぬき広島の生活には「陰暦生活」が欠かせない。潮の満ち引きとか行事とかが・・いまだに・・「旧暦」で動いている部分がある・・。

 「お接待」という・・「島四国のお遍路」は、旧暦の三月21日だったけ・・。茂浦の百々手神事は・・旧暦の正月の何日か・・。

 ま、網を入れる時期とか、漁をする時期とか・・いまだに旧暦・陰暦で動いているから・・・。

 「運がいいとか・・悪いとか・・」みたいなことで、こよみが使われるんだけれど、そういうのは見ていても興味深いかなぁと思ってみたり・・。

 

 「大法輪」は・・お坊さんが教養のために読むような月刊誌で、今月号は「浄土真宗聖典ガイド」という特集があったもので買ってみた・・・。買って持っていれば安心・・みたいなものかな・・。中身については・・「落ち着いた時にじっくりと読まねば・・」みたいなことだが・・。なかなかい・そういう気分にはなれそうにもない昨今ではあるけれど・・。

 

 俳句の本は・・現代の俳句の潮流の・・確認かなぁ・・。俳句の流れから取り残さないように・・こころのさびを落とすようなものかな・・。

 わずかな・・・五・七・五・・という・・わずか十七文字に何を詰め込むのか、何をつなげて意味を作るのか・・。単純なようで・・無限の可能性のある世界・・・。「かきくえば・・・」「ふるいけや・・」を越えていく可能性・・・。

 そういう文化というか「自然」を見据えるこころ・・・かなぁ・・。そんなものにもあこがれるし・・・。あこがれだけなんだけれど・・。

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。
 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝寒は あぜ道長く 声細く | トップ | 大根を 洗って干したり 過... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
困りはしないんだけど、 (しわく)
2009-11-28 10:31:06
馴染みのうどん屋さんが閉まるのは、
寂しいですね。

ふとした拍子に、閉店したり移転したお店の味が口の中によみがえるときがあり、
どうしてもその味が食べたくなったりして・・・。

次から次から、新しいお店が出来て、
懐かしい味て思うことはあるけど、
なんか違うですよね・・・・。
消えてゆく思い出・・ (まほろば)
2009-11-28 19:29:51
 確かに確かに・・。困りはしないんだけれど、あの味がなくなる・・。あのお店がなくなるというのは・・何か忘れ物をするような感覚になって・・。

 新しく開店するお店の裏で・・閉店していくおうどん屋さんがある・・。いつかは食べてみたいと思いつつ・・ふと、気がつくと閉店していたりする。それも仕方がないことだけれど・・。

 でも・・、なんか・・違うよね・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。