まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

さざんかの 花をぬらして 雨しきり

2016年12月13日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨が降っている。気温は9.9度から12.9度、降雨量は0mm/hから4mm/h、湿度は96%から92%、風は1mから4mの東北東の風が少しばかり。明日の14日は、低気圧や寒気の影響で曇りで、未明は雨が降る見込みなのだとか。

 

 だんだんと、右目の白内障が進んできた。でもまだ、見えることは見えて居る。さて、そろそろ、眼科に行ってみなければならない時期かな。調べてみたら、左目の白内障の手術は二年前の12月11日、今頃の時期だった。

 

 と、言いつつ、今日も前山の活性化センターへご出勤。こんな雨の日でも、ボランティアの方々が草刈り作業に出かけて行った。ご苦労なことだと頭が下がる。

 

 師走に入ると、忙しくなるのか、今日は男性4人、女性一人の出勤になった。ま、やるべきお仕事も減ってきている。つまりは、作業が大詰めに来ているということでもある。

 

 で、来週の20日で作業は一応終えることになる。で、来年の中旬からは、いよいよ展示の準備に入り、目玉の「遍路札」の展示を終えて、今度は、その他の「俵札」の展示に入れ替える。

 

 これはまた、少し変わった「弘法大師修行御影」である。これも展示できるかな。

 

 昨日に収穫した金柑だが、このままじゃあかん・・と言われた。料理のつまものじゃないのだから、葉っぱは外してちょうだいと言われた。

 

 今日は一日中、雨だから、これをこつこつと切っていこうか。ハサミも用意して、段ボール箱も用意して・・・。

 

 一個ずつ、ハサミで枝から切り離していく。

 

 大きな段ボール箱を用意して・・・。

 

 ほぼ2時間あまり。ようやくに作業は完了した。でも、こんなにたくさんの金柑をどうするつもりなのか・・。

 

 「甘露煮にするから、ネットでレシピを調べといて・・・」というけれど、レシピでは15個とか20個のもの。この何百個もの甘露煮はきついでしょ。中の種を出すので疲れてしまいそう。

 

 雨はだんだんと強くなってきている。

 

 今日の掲示板はこれ。「ただいたずらにあかし いたずらにくらして 年月をおくるばかりなり これまことになげきてもなお 悲しむべし」という蓮如上人のお言葉から。これまた、いつもの赤松先生のお寺の掲示板にあったもの。別に、いたずらにあかし、いたずらに暮らしているつもりはないのだが、蓮如上人さんから見れば、私らの暮らしぶりは、いたずらにあかし、いたずらにくらしているのかもしれない・・・。それでも、「すくいとるぞ」の本願であるのだから、ありがたいことだ。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬日和 ことば一つも 口に出ず | トップ | 枯れ蓮のように静かになっている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。