まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

枯れ葉降る 犬の背中に 猫の背に

2016年12月20日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は気圧の谷の影響で曇りで、雨の降っている所があった。気温は8.9度から14.9度、湿度は89%から76%、風は1mから2mの北東の風が少しばかり。明日の21日は、気圧の谷や湿った空気の影響で曇り、昼前から雨の降る所がある見込みらしい。

 

 今年最後の交流サロンへの出勤である。この頃は細くて小さな雨がぱらついていた。さすがに今日は歩きのおへんろさんは少ない。

 

 今日は4月からの展示会の準備ということで、男性5人と女性4人の作業になった。

 

 こちらでは、来年の行事予定の計画中。来年は阿波方面への歩き遍路をするらしい。行程の確認などむつかしい話になっている。

 

 私らは来年四月からの展示の準備。あらかじめ選別したものを並べてみた。思ったよりも少なく、展示スペースの半分ほどにしかならない。

 

 まだ、写真撮影の終わっていないものの中から、あと半分、テーブル三つ分くらいが出てくるとありがたいのだが・・・。

 

 俵の中には、納札が多かったのだが、とにかく、紙というものは何でも詰め込んだようで、多種雑多なものが含まれている。それを、どういう方法で展示するかが、問題だ。

 

 お昼からは香川県立図書館へやってきた。借りていた本を返却するためである。年末年始には本を読む時間も余裕もない。一旦、返却しておきたいものだと・・・。

 

 こういうものとか・・・

 

 こういうものとかを借りてきた。あんまり、むつかしいものやカードマジックは広い場所ではむつかしい。

 

 これまでは、水道パイプそのまんまで使ってきたこの仕掛けに「千代紙」を巻いてみた。

 

 こういうかわいい仕掛けが出来上がった。

 

 小学生の頃にやったものも再現した。百円ショップで買ったネクタイに、道端で拾った自転車のチェーンを差し込んだ。

 

 こうなると、硬くてヘビのようになるが、少し傾けるとグニュグニュになる。これで一品が出来上がった。

 

 日暮れ前に、集落内の会員さんちに、このさぬき市の広報などを配達してきた。

 

 今日の掲示板はこれ。「この出来事は 自分に何を教えに来ているのか、そう思うと時間は味方になる」という舩井幸雄さんのことばから。舩井さんは1933年、大阪府生まれ。1956年、京都大学農学部農林経済学科卒業。日本マネジメント協会の経営コンサルタント、理事を経て、1970年に(株)日 本マーケティングセンター設立。1985年、同社を(株)船井総合研究所に社名変更。1988年、経営コンサルタント会社として世界ではじめて株式を上場 (現在、同社は東証、大証の一部上場会社)。同社の社長、会長を経て、2003年に役員を退任。(株)船井本社の会長、(株)船井総合研究所、(株)船井 財産コンサルタンツ、(株)本物研究所、(株)船井メディアなどの最高顧問を歴任し、グループ会社の象徴的存在だった。著書が、約400冊ある。2014年1月19日、肺炎のため逝去。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬晴れて 山のオス猿 胸を張る | トップ | 冬至だね 子どものころの ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今週も俵札調査」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。