まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

梅雨明けを 待つ勢いの たちあおい

2017年06月30日 | たまには旅など・・。

 四国地方は、梅雨前線や湿った空気の影響で、太平洋側を中心に雨が降り、雷を伴い非常に激しい雨となっている所があった。気温は21.4度から27.3度、湿度は98%から72%、風は1mから4mの西北西の風が一時は強かった。

 

 かねてから、奥方のけいこばぁが、「室戸の海を見てみたい・・・」と、言うていたのだが、私は、そんなものは見たくないので相手にしなかったのだし、右目が見えにくくなっているし、30分ごとにトイレに行くので、旅などしたくなかったのだ。

 

 奥方は、仕事場が変わるので、今は退職手当のなんたらでお休み中。そこで、私の下の弟、「たっくん」を運転手にし、おとなりのおばさんを連れてのドライブを決めてしまった。そこで、仕方なく、高速道路を使わずに、国道11号線を走って、徳島市内へ・・・。

 

 天候は、梅雨時の晴れたり曇ったり、雨が降ったりの不順な状態。30分ごとに、コンビニなんぞでトイレ休憩なんぞをしてもらって、国道55号線を南下して、徳島市内から小松島・阿南経由で、美波町へ。

 

 で、こうした道の駅・日和佐などでトイレ休憩とか簡単な運動とか散歩。車に乗ったまんまでは身体が痛くなるし、エコノミー症候群になる。ご婦人たちは野菜なんぞのお買い物。私はちくわなんぞを買ったが、おひるの弁当のおかずになった。

 

 ここには足湯なんぞもあったが、そんな余裕はなかった。

 

 徳島と高知県の境目あたりにある「宍喰町」の道の駅でもトイレ休憩。おしっこをするために行ったようなものだ。天候は悪いし、さりとて、お土産にするようなものもない。

 

 室戸岬はまだまだ先のほう・・。歩きへんろの方は、23番薬王寺から24番の最御崎寺までは遠いと思った。ここをてくてくと歩くとどれだけかかるんだろうかと、他人事ながら心配になった。

 

 正午を少し過ぎて、室戸岬に到着。小雨の中でお弁当を食べた。

 

 でも、つめたいお弁当だけれど、みんなで食べるお弁当は少しばかり、おいしいと、完食をしてしまった。

 

 岬近くの露店のおじさんが、「ここからだと、南国経由が近いよ・・」と言うので、ユーターンをせずに高知県の南国市に向かった。この区間はノンストップ。

 

 高知自動車道の南国IC手前の、「道の駅南国」で、トイレ休憩と最後のお買い物。ご婦人たちは野菜をどっさりと買った。南国ICから一区間、大豊ICを走って降りて、今度は国道32号線を走って、三次市の井川池田ICから徳島自動車道に乗り、脇町ICで降りた。

 

 そこからは、国道193号線を北上して、さぬき市に戻った。夜は飲んで食べてのカラオケになった。はぁ~、長い一日になったことだった。

 

 六月も最終日だから、期限ぎりぎりでの今日の掲示板になった。「欲を減らせば苦しみも減らせる」というもの。苦しみの原因は、無知と執着であると言う。知ることは、苦しみを減らすカギになり、人それぞれが抱える苦悩を知ることで、和らぐ苦しみがある。失敗から学ぶことによって、追い払える苦しみもある。執着とは、不要なものに、しがみついているところから生ま出て来る。思い込みや執着を手放せば、苦しみが減るかも知れない。執着をゼロにすることはできなくても、減らすことは可能であり、苦しみをゼロにはできなくても、減らすことは可能にはなる。でも。欲を持ったまま、苦を持ったまんまの生き方もまた、大切ではないのかと思う今日このごろ。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の日は 色決めかねる ... | トップ | 妻の弾く ピアノはダリアを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

たまには旅など・・。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。