まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

今週のさぬきうどん紀行・・・。

2009年01月10日 | さぬきうどん
 さて・・・一月五日の仕事はじめです。

 ところが・・今日が月曜日だということもあって、お正月明けということもあるのかな・・。いく所、行く所で・・・うどん屋さんもお休みです・・・。お正月には働いたから・・・昨日・今日あたりでお休みにしたんでしょうか。月曜日が定休日でないおみせまでもが・・・定休日・・・。

 で・・・讃岐富士と呼ばれる・・・飯野山のま東にあたる場所に・・・黄色い回転灯が回っているのを発見・・・。近寄ってみると・・、おお、うどん屋さんだぁ・・。なにない・・「上田うどん」かぁ・・。初めて見たおうどん屋さんだぁ・・。場所は丸亀市飯山町東坂元・・。

 

 このお店は・・・一般店。しかも・・ぶっかけうどんがメインという変わったお店らしい・・。ぶっかけうどんだけで・・13種類・・。温玉ぶっかけ・山玉ぶっかけ・きのこぶっかけ・・・・と・・・。  ま、それ以外にもかけうどんとか、しょうゆうどんもあって、それなりのバージョンがあるらしい。

 ここは・・一般店。 で・・、普通のぶっかけ小・温いん・・を注文した。時間は少し待たされる。で・・・やってきたのが・・これ。

 

 麺は細めんで・・・ラーメンを食べているような感触。でも・・確かにうどん・・。細くても弾力があって、コシも強い・・・。こんな麺も食べたことない・・・。それに・・出汁が・・甘くて・・・コクのある・・しっかりとした出汁。

 今年の食べ初めにしては・・・これまた・ぐぅぅ!これで・・320円。

 

  お正月にお年玉を配ったら・・お小遣いが少なくなったので、現金自動預け払い機のあるところを探していて・・・、うどん屋さんの前についた。

 

 綾歌郡綾川町の国道32号線沿い・・・の「うどん玉吉・本店」。こうなると・・、またも・・おうどんが食べたくなる。これはビョーキかな?

 で・・・カレーうどんでも食べるかな・・と、意気込んで入ってはみたが、やはり、さっきの今だから・・・あっさりと・・のほうがいいかなぁと、「かけ小」を頼んで・・・天ぷらも乗せず・・・あっさりバージョン。170円。

 

 ここは・・・お勧めするほどのお店ではないが・・・広々とした駐車場と、広い店内なもので、案外とお客さんは多い。駐車場の周りには・・・ドラッグ・ストアーや本屋さん、ガソリンスタンドや電気屋さん、それに・・スーパーもあるもので・・・そんなお客が集まってくるものらしい・・・。

 おせち料理に飽きたものだから・・、こういう・・あっさりうどんがおいしいと思った・・・。

 で・・・六日の火曜日・・・。

 前から懸案となっているうどん屋さんに寄ってみた。ブログ仲間の讃岐おばさん推奨のお店・・・、坂出山下うどん・・・。昨日も寄ってみたのだが・・・正月休みみたいやった。定休日は奇数の日曜日のはずなのに・・・。

 で・・、今日はどやろ・・と、のぞいてみたわけ。

 マイカーが数台停まっているし、黄色のテンカラが回ってるからOKやな・・。

 国道11号線を坂出市に向かって走り・・国分寺町を過ぎて・・・だらだら坂(佛願坂)を下がったところにある加茂町の信号を・・・右に曲がれば・・・がもう・うどん、左に曲がれば・・山下うどんに向かう・・・。

 綾川の土手道を国分寺方面に少し戻ると・・・うどんののぼりがはためいているのですぐにわかる。そこが・・「坂出・山下うどん」だ。「善通寺・山下うどん」は・・ぶっかけの名店・・・。「飯山・山下うどん」は・・・かま玉の名店として区別される。ここ・・「坂出・山下うどん」は・・えびかきあげうどんの名店として有名。

 

 倉庫のような建物に入ると・・・壊れそうなレンガ造りのかまどが燃えていて、大鍋にお湯がたぎっている。「かけ小」を注文すると・・・どんぶりに、一玉の麺が入って出される・・。それに、えびのかきあげを乗せ、あつい出汁をかけ・・・ネギを入れ・・しょうがをおろしてふりかけて、ゴマも少し振り回す・・・。  



 油ものも・・・エビも苦手だが、今日だけは我慢だ・・・。さすが手作りにこだわった麺も、お出汁も・・ぐぅぅ!だ・・。

 で・・・料金は・・後払い・・。古めかしい五つ玉のそろばんがある場所で清算。150+200=350円。  これが・・・噂の・・・坂出・山下うどん・・か。

 

 代金を支払うと、「ことしもよろしく」と手渡された粗品・・・。なんだろうとよく見れば・・・作業用の軍手・・ではないか。うどん屋と軍手のつながりは何だろう・・・。お店の前の草でも抜いてほしいというわけでもあるまいに・・・。
   

 

 山下うどんを食べたら・・やっぱり・・ここだな・・。

  ユーターンして、国道を斜めに突っ切って・・・旧道のような細い道を少し進めば・・・黄色いテンカラが・・左手の田んぼの中で回っている。最初は細い農道だったが・・・今は広い道になったし、田圃が・・・一面の駐車場になった・・・。それに・・土産物店までできている。ここが・・「がもううどん

 

 平日の九時前から・・・タクシーの運転手やら、近所のおばちゃん、他府県ナンバーの乗用車が続々と集まってくる・・・。

  さっきの今だから・・・あっさりとかけ小のみ。130円。

 

 しかしのかかし・・、こんな・・・あんまりきれいでもない(失礼!)お店なのに、なんで、こんなに人々が集まってくるんやろ・・・。お昼にもなれば・・・長蛇の列になる。

 だから・・・私は・・・あの薄暗い店内よりも・・屋外の木の下あたりで立って食べるのが最高だと思う・・・。

 

 十数年前に・・・最初に食べた時には・・・眼からウロコの麺だったが・・、最近は・・そんなにも感動しなくなった・・・。ほかにおいしいお店が増えたからかなぁ・・。でも・・続々と人が集まるのだから・・おいしいに違いないのだけれど・・・。

 さて・・・、水曜日の七日はお休みです。倉敷方面へお寺参りのバスツアーでした。

 で・・・木曜日の八日には・・。

 どうやら・・風邪をひいたようで・・・喉が痛い、目がおかしい・・・。

  で・・・、熱いおうどんでも食べればよくなるかも・・と考えて・・・、「まる石・飯山(はんざん)亭」に寄ってみた・・・。飯山町の飯山総合運動公園の手前の高台にあって、「丸幸」「富永飯山店」と名前を変えて・・・、今度は・・高松市中間(なかつま)から移転してきた・・・「まる石・飯山亭」、セルフの店から・・・本格的な一般店にリニューアル・オープンした。

 

 お店の外観は変わらないが・・・店内は・・・がらりと変わってしまった感じ。お座敷とテーブル席とが分離されて・・・、いかにも小料理屋みたいな雰囲気。

  だから・・・メニューを見ると・・・700円・・980円と・・・さぬきうどんらしくないお店になった。まぁ・・・セルフ方式の薄利多売・・は、こういう地では難しいだろうと思う・・・。山の中の一軒家だからね。

 で・・・小エビのかきあげうどんを注文したら、こんなものがやってきた・・・。

 

 どんぶりよりも・・・でかいかきあげだ・・・。ま・・、揚げだてだから・・・パリパリとしておいしい。周りを少しずつかじってから・・・どんぶりの麺の上に載せてみた・・。こうなった・・・。

 

  これで・・560円。二日分のうどん代だな・・。

 で・・、金曜日の九日には・・・観音寺方面でのお仕事・・。しばらくお休みをするもので・・、総見回りみたいなもんか・・。総点検っていうのか・・。

 丸亀市郡家交換所で装荷線輪の引き渡し後・・観音寺新田町の電柱置場でCPの引き渡し・・。

 

  その途中で見つけた・・・小さなうどん屋さん・・。建物に隣接して・・・新鮮野菜の直売所がある。ここが・・「うらら」といううどん屋さん。

 ここのお勧めは・・しょうゆうどんらしい・・。そこで・・・しょうゆの小、温いんを注文した。ここは・・・セルフのお店・・。

  で・・・出てきたのがこれ・・・。ご主人が「わかめうどんかぁ?」というほどにわかめの乗った、しかも、大根おろしに新鮮なネギが入っていて、しかも・・・チリメンジャコまで入っている・・・。

 

 これに・・・卓上のしょうゆをかけるのだが、これが・・特製の独自ブレンドした甘味の強いしょうゆだが、甘い・・・出汁のような・・しょうゆ。

 なんじゃ、チリメンジャコか・・・と思ったジャコがパリパリとしておいしい。これは・・・すぐれもののしょうゆうどんだ・・・。

 目の前には高速道路の高松自動車道が走っているが、そんなことはなんら関係ない・・・田舎の田圃の中にぽつんとあるうどん屋だった。

 

 会計は・・・先払いで・・・200円。これは安いと思った・・。

 そういうことで・・・またしても九連休。しばし、うどん紀行はお休みになるかも知れません・・・。

じゃぁ、また。



 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初雪が ようやく話題の 闇の里 | トップ | さぬきにはいくつのおうどん... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます~ (讃岐おばさん)
2009-01-10 11:37:12
おおっ、山下うどん、行かれましたか!
美味しかったでしょう?

おまけに「がもう」さんまで!
こんなに天ぷらがいっぱいありましたか?
ここはお揚げが美味しいんですよね、天ぷらも美味しそう♪
「うらら」さん、良さげですね、機会があれば寄ってみたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。 (まほろば)
2009-01-10 18:53:51
 新年早々から・・・おうどんばかりを食べ歩いております・・・。

 今年もおいしいお店を訪ねてみたいと思っております。またまた・・よろしくご指導くださいませ・・。

 うららさん・・・おすすめです。ぜひとも・・しょうゆうどんをお試しくださいませ・・です。

じゃぁ。
かまど (亜里沙)
2009-01-10 19:09:01
今年もよろしくお願いします。

『壊れそうなレンガ造りのかまど』風情がありますね。
祖母の五右衛門風呂を思い出しました。小学生の時に遊びに行くとマキをくべてお風呂を沸かしたことを思い出しました。
今年もよろしくです。 (まほろば)
2009-01-10 19:54:14
 五右衛門風呂ねぇ・・・。私も子供のころから・・・結婚後しばらくは・・、五右衛門風呂でしたね・・・。

 娘が生まれて・・家を新築したので・・それはなくなったけれど・・。みんな・・・そういう時代やったんでしょうね・・。

 近所では・・・屋外で・・傘をさしてお風呂に入ってましたよ。屋根もなくて・・。田舎はのんびりとしとったですね・・・。

 確かに・・、そういうものを・・彷彿とさせる・・かまどではありますね・・・。

 こういううどん屋さんも少なくなって・・・まんのう町の・・山内うどんか、ここか・・みたいなもんでしょうか。ほとんどが・・ガスになりましたからね。

じゃぁ、また。
Unknown (volley)
2009-01-10 20:05:51
今年もよろしくお願いします。

がもう行かれましたか。
私も何度か行ったことがあります。

後、外で食べるシステムってうどんを
食べている間、水を飲むコップが持てない
ケースが多くて、塩気でのどがカラカラに
なりそう、とガマンして食べています。

「最初に食べた時には・・・眼からウロコの麺だったが・」

私もよくあるケースです。うどんに限らず。

Unknown (のんた)
2009-01-19 19:32:21
玉吉はただ広さと利便性だけで集客しているのでしょうか・・・? うちの会社の連中は近くにうどんやさんは沢山ありますが、毎日玉吉さんへ足を運んでいますよ。それはうどんや出汁のみならず、トッピング類が豊富で美味しいからです。もっとも美味い、不味いというのはその人の「舌」によるものなのでそう感じたのであれば否定はしませんけれども。ですが、オーナーが一生懸命やってるお店を正面から写真を撮り掲載しておきながら毒舌コメントというのは我らうどん愛好家の暗黙のルールに反する行為なのではないでしょうか。
Unknown (ちょん吉)
2009-01-24 14:44:05
 そなに毒舌にはおもえんけんど・・。

 このくらいやったら、だれでもおもうことうやし。そなに悪口をいうとるとはおもえんけれどな。

 そなに問題視するほどのコメントでもないよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。