まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

伸びてきた ススキに明日の 夢をみる

2016年10月14日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は気圧の谷の影響で概ね曇っていた。気温は今期最低の14.6度から21.6度、湿度は88%から52%。風は1mから2mの東北東の風が少しばかり。明日の15日は、引き続き高気圧に覆われて晴れる見込みらしい。

 

 今日は昨日に引き続いて、わが家の周りの草刈りをする予定だったのに、急遽、奥方が休みをもらってお出かけをするという。聞いて見れば、孫のなぎちゃんの合唱コンクールがあるので、それを見に行くのだという。

 

 ここは香川県県民ホールというのだが、今は「レクザムホール」という名前になっているらしい。何年かすると「命名権」とかで名前が変わるのだ。

 

 中学生さんは一階席。

 

 私ら保護者席は4階にある「二階席」だから、子どもの顔なんぞ、ほとんど見えない。

 

 こういう感じで、レクザムホールを借り切って、中学校の合唱コンクールを毎年行っている。お兄ちゃんのハヤテ君の時には私一人だったが、昨年からは奥方も一緒に応援するようになった。

 

 こんな具合だからどこに誰がいるのか分からないが、親御さんはすぐに分かるらしくて、ビデオやスマホ、タブレット端末なんぞで追いかけ回している。二階席の前の方には、そうした電子機器がずらりとならんでいる。

 

 私はズームレンズで探すのだが、なかなかに見つけられない。

 

 ぶれてしまったけれど、娘が作ってくれたお弁当。最近はおなかの調子が良くないのだが、今日はこれを完食することができた。

 

 例年、コンクールの合間に、この「玉藻公園」とか「香川県立ミュージアム」なんぞを見学して時間をつぶすのだが、利尿剤によるトイレタイムばかりで時間を過ごしてしまっていた。

 

 午後からは「合奏部」や「合唱部」などの発表があったり、ゲストとして、高松市内の「高松第一高等学校」の合唱部の披露なんぞがあった。

 

 ちょっと見えないけれど、あちらこちらでスマホやビデオ、タブレット端末なぞでのビデオ撮影をやっている。

 

 夕方には晴れてきて秋の空が広がってきた。

 

 私の方の、展示会の準備は一応、終わっている。あと、どんな資料を用意すべきか考えていた。

 

 今日の掲示板はこれ。「いくら長生きしても幸せのド真ん中に居ても おかげさまが見えなけりゃ一生不幸」という、いつもの赤松先生のお寺の掲示板から。

夏がきたら 冬がええといい
冬になりゃ 夏がええという
太りゃ やせたいといい
やせりゃ 太りたいという
忙しけりゃ 暇になりたいといい
暇になりゃ 忙しい方がええという
かりた傘も 雨があがればじゃま
金を持ったら 古びた女房もじゃま
所帯もったら 親さえじゃま
義理も 人情も 愛情も 両親も
肉親の情も あればこその 世の中となる
誰も彼も どこもかしこも
かさかさ かわききった あじけない このころ
衣食住は昔に比べりゃ 天国やが
上を見ては 不平不満のあけくれ
隣を眺めては グチばっかり
なんで 自分を 見つめないのか
静かに 考えてみるがええ
一体 自分てなんやろうか
親のおかげ 先生のおかげ 世間のおかげ
おかげの固まりが 自分やないか
いくら長ごう生きても
幸せのド真ん中に居ても
おかげさまが 見えなけりゃ
一生 不幸

 「おかげさま」
         (かみどころ・じゅうすけ)

 

 じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生き物が 無口になった 秋... | トップ | イチジクを パックで並べる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。