まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

睡蓮に 遠い昔を 聞いてみる

2017年06月09日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は18.1度から27.3度、湿度は92%から46%、風は1mから2mの西北西の風が少しばかり。明日の10日は、高気圧に覆われて晴れるけれど、気圧の谷が接近するため、夕方から雲が広がる見込みらしい。

 

 そろそろ、大窪寺前の八十八庵(やそばあん)のあじさい園がきれいになっている時期かなぁと出かけてみたが、山間部はあじさいの開花はまだまだのようで、「立ち入り禁止」の柵がしてあった。「それじゃぁ、ダメじゃん、春風亭昇太」ということで、別の山道を走ってみた。

 

 昼寝城の登山口までは行ってきたが、さすがに一人で山に登る勇気はない。

 

 しばらく下がった所にあった、「多和神社」である。江戸時代までは、式内・多和神社とされていたが、明治になって、激しい論争の末、内務省より、志度の多和神社が式内社に比定されたという。祭神は資料には大己貴命。ただし、境内の由緒石碑には手置帆負命の名も記されていた。

 

 拝殿の寄付額には、寒川家の大正時代を生きた、「寒川利三郎」さんの名が残されていた。おそらく、この地の名士だったのだろう。

 

 近くで、草刈り機で「淡竹(はちく)」をなぎ倒しているご婦人がいたので、数本、分けてもらった。ついで・・だからと、野蕗も少しいただいた。

 

 野蕗は、水にさらしてあく抜きし、ハチクはお鍋で湯がいておいた。料理は奥方任せ。

 

 帰り道、県立亀鶴公園に寄ってみたが、今年は花の数が少なさそう。咲き乱れる・・というところまではいかないように思う。

 

 帰ってみると、愛用のコンパクト・デジカメが壊れていた。少し前からおかしい・・と思って、瞬間接着剤とかで補強していたのだが、遂に壊れて、シャッターボタンが紛失した。明日は徳島へバスツアーなのに、カメラが壊れては困ったことだ。

 

 今日の掲示板はこれ。「晴天は 雲の向こう側にある」というもの。「雲外蒼天」という言葉もある。今は土砂降りの雨のさなかにいるが、やがて雲が晴れれば青空が広がる。今は苦しいときだろうが、じっくりと自分を磨いて待っていれば、きっと必ずや道が開ける時が来る。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨となり 花は咲くばかり... | トップ | 寝転べば 梅雨の合間の 夢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今週も俵札調査」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。