まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

梅雨避けて お遍路ぽつんと 眠りこけ

2017年06月17日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は17.8度から25.7度、湿度は86%から63%、風は1mから2mの日が際の風が少しばかり。明日の18日は、引き続き、高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 ご案内の通り、今日は高松市福岡町にある「RNCセトラ高松」という、住宅展示場の中央案内所で行われる「セトラ歴史講座」でお話を頼まれた。

 

 RNC・・というのは、四国高松にある「西日本放送」という、ラジオテレビの放送局である。西日本放送ラジオはRNC西日本放送の放送の一つで、ラジオ放送部門を指す。通称はRNCラジオ。 西日本放送の放送のうちテレビは香川・岡山両県を放送対象地域とする準広域局であるが、ラジオは名目上は香川県のみを放送対象地域とする県域局である。(Wikipedia)

 

 ここで、イベントの一つとして、毎月第三土曜日に、この「歴史講座」が行われているのだとか。で、先月と今月と、二ヶ月連続で、お話をして欲しい・・・ということになった。

 

 讃岐の国は雨が少なく、米を作ることが難しく、農民たちは困窮していた。そこで藩主松平賴恭(よりたか)公は、水がなくても栽培できるサトウキビを植えて砂糖を作ることを奨励した。しかし、それは難しく、さらに白砂糖にはならなかった・・・。

 

 その、砂糖作りに貢献したのが、奄美大島からやってきて行き倒れになっていたお遍路さんだった・・・。というお話。

 

 帰ってみると、もうすでに宴会の真っ最中。

 

 実は、このウッドデッキが腐ってきて、これを新しくやりかえるのだけれど、古い物を片付けておけば工期が短縮できるとかで、みんなで撤去したらしい。ま、エアコンの室外機がある部分は残しておく。

 

 これが、前回の物だが、デッキの一部が写っている。こうしたものを撤去したので、ミニ宴会になっている。

 

 はてさて、どんなウッドデッキができるものやら・・。

 

 その、ウッドデッキの下からはたくさんのゴミも出てきた。

 

 で、夕方からは、「父の日を祝ってもらえない男たちの集い」が始まった。どんな宴になるのやら。

 

  今日の掲示板はこれ。「未熟ということは大切なんだよ。僕だって未熟。天狗になったらおしまいだよ。」という歴史小説家の池波正太郎さんのことばから。「未熟だ」という自覚があるから、自分を成長させようと心がけるもの。また、未熟だから、成長する余地もある。そして、今は成長の途中なのだから、多少問題があっても、「まだしかたがない」と思えてくる。でも、「いつかは・・・」という希望もあって前進するるわけだ。 『自分を実際以上に考えることと、真価以下に見つもることとは、共に大きなあやまりである』と、ゲーテも言っている。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空梅雨に あまがえるさえ ... | トップ | あじさいや 影あるものは ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。