まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

落ち葉舞い 短い今日が 暮れかかる

2016年12月07日 | 自然ありのままに

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていたが、気圧の谷や寒気の影響で夕方から雲が広がるらしい。気温は6.4度から03.6度、湿度は86%から63%、風は1mから4mの西の風が少しばかり。明日の8日は寒気の影響で朝まで曇りますが、その後は高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 今日はすっかりと晴れていい天候になった。

 

 先月末から今週のあたままで、資料整理ということで図書館がお休みだった。借りていた本の返却期日が明日までだというので、図書館に行ってきた。すっかりとアキニレの葉っぱは落ちてしまっている。

 

 毎朝毎朝、ここをお掃除する人たちは大変だ。掃いても掃いても落ち葉は落ちる。それでも掃いて集めてまた掃いて・・・。

 

 すっかりと落ちてしまえば落ちなくなるが、ほんの少し、ほんの少しばかり残っているものが落ちてくる。

 

 で、五冊の本を返却して五冊の本を借りてきた。ま、習慣みたいなものだ。

 

 家に帰る途中で、一つだけ確認できていない集落を歩いて見た。すると、偶然出会ったおばあさんが、「電話線に木が倒れているのでなんとかして欲しい・・」と懇願する。私が電電公社に勤めていたと言い張るのである。ホンマに覚えているんじゃろうか。

 

 山崩れで木が倒壊して電話線を押しつけている。細い電話線は今にも切れそうである。それはわかる。でも、NTTのどこに連絡すればいいのかわからない。組織が変わってしまっているし、退職してずいぶんになるから連絡先がわからない。

 

 とりあえず、電柱番号は写してきたけれど・・。さぬき市の光ケーブルだって、連絡先がわからない。困った困ったこまどり姉妹。

 

 これで、担当地区6集落、70数戸を確認した。ここから、独居老人家庭や避難困難家庭を確認しなければ・・・。

 

 午後からは年賀状の印刷にかかった。

 

 ま、毎年、ワンパターンになっているが仕方がない。

 

 これでも、友人用、趣味友用、親戚用、その他用、奥方友人用、奥方親戚用と6パターンになっている。で、一言メッセージを書き込めばいいのだが、それがついつい、15日まで伸びてしまうことが多い。

 

 で、今年受け取った人、今年出した人をチェックして、印刷漏れがないかを確認中・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「自分のこころが一番しまつに困る 承知せぬのは自分の心である」という曽我量深先生の言葉からである。本当にあわれみ、かなしみ、はぐくむということは計画しても出来るものではない。自分の心が一番始末に困る。承知せぬのは自分の心である。故に「おもうがごとくたすけとぐること、きわめてありがたし。」思うが如くなるということは世の中は一つもない。世の中は一から十まで思わざる如くに動くのだそうである。(曽我量深『歎異抄聴記』より)

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬日和 苦渋をしのぶ 遍路道 | トップ | 芋を手に 落ち葉焚きする ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然ありのままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。