INOJIN折々の記

工芸倶楽部のイベントや、日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

夏の新蕎麦

2017-07-23 | 日記

赤城深山ファームさんでは、夏と秋に新蕎麦が出ます。少し緑がかった粉は蕎麦の香りが立って、打つのも嬉しいものです。師匠手作りの麺棒は緑の漆で塗ってもらいました。「何色がいい?」と聞かれて、即座に「緑」と答えました。緑色が好きなのです。漆には細かい螺鈿を蒔いています。こうすると、伸ばした時の蕎麦の表面積が増え強度が増す、と師匠は言っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 粉の記憶 | トップ | 『山ガール』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。