北海道IBD

北海道潰瘍性大腸炎・クローン病友の会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北海道IBD医療講演会のご案内

2017年07月23日 | 日記
暑い日々が続いてますが、体調如何ですか?
さて、毎年この時期に開催されます「北海道難病連難病患者・障害者と家族の全道集会」
今年は「札幌大会」として、8月5日(土)・6日(日)の両日に、かでる2・7を中心に開催されます。
初日の5日(土)は全体集会として、患者・家族の訴えや記念講演、集会ア・ピールなどを、翌日の6日(日)は分科会として、各患者会に別れて医療講演や交流会が開催されます。
北海道IBDの分科会は第一部として、JA厚生連札幌厚生病院副院長IBDセンター主任部長 本谷 聡 先生をお招きし「炎症性腸疾患・長期寛解の成果と副作用を考える」と題して下記内容にて医療講演会を開催します。
潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、長期療養が必要な疾患です。その為、腸以外に起こる症状や、治療薬にによる副作用が気になるところです。ここ10年使われているレミケードやヒュミラなどに代表される生物学的製剤についても、「今後起こる(注意したほうが良い)身体に起こる症状はなにか」などを知る機会はなかなか有りません。そこで、今回は潰瘍性大腸炎とクローン病と永く付き合う上で、知っておいた方が良い副作用や気にすべき症状をおさらいする講演を行います。
又、第二部として、指定難病の既認定患者の経過措置終了を今年の12月に控え『継続申請について情報提供』を行い、軽症者問題など、様々な情報の共有を行います。
是非この機会に、多くの方のご参加をお待ちします。

--------------------【 詳 細 】-------------------
日 時:2017年8月6日(日) 9:30~12:00
会 場:北海道立道民活動センター「かでる2.7」
札幌市中央区北2西7 TEL011-204-5100
JR札幌駅より徒歩12分/地下鉄さっぽろ駅10番出口より徒歩7分/大通り駅2番出口より、徒歩9分
対 象:制限無し。 特に道内の医療機関で治療されている患者さん、そのご家族など
参加費:北海道IBD会員は無料。会員外の方は資料代500円(※会員には、そのご家族を含みます。)
定 員:100名

--------------------【プログラム】--------------------
受付開始 9:30~
・第一部 9:45~11:05
講演 『炎症性腸疾患・長期寛解の成果と副作用を考える』
講師 JA厚生連札幌厚生病院副院長IBDセンター主任部長 本谷 聡 先生
質 疑 ~11:30
・第二部 11:30~12:00
ミニ報告 『継続申請について情報提供』 ~ 北海道IBD
-----------------------------------------------
主催:北海道潰瘍性大腸炎・クローン病友の会(北海道IBD)
お問い合わせ:IBD会館 TEL/FAX 011-815-9701 ※開館日:毎週木曜10時~16時
http://www.hokkaido-ibd.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★JPA国会請願署名、街頭行... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL