どうもHIROです。ヒログです。HIRO GARAGE WORKS

福岡中心に九州・アジアで撮影の毎日
カメラマンHIROのヒログをご覧あれ★
連絡はhgw.com@gmail.com

個人的な思いと意見

2016-04-19 | HGW:HIROんち

久しぶりのブログが、熊本地震についてで
このブログを見てる方(更新してないから見てない!)は
なんで今!?かもしれませんが、思ったこと。


思ったこと走り書きしてるので失礼な言い方・例えあるかもしれませんが
ホント、一個人としての綴りです。

一番最初の大きな地震があってスグに報道として現場入り。
夜ってこともあったし、9時半頃に地震があって10分後には家出てたんで
下道は勿論、高速もいつもの九州自動車道の夜って感じの車数。
南関ICで降ろされて下道、3号線はトラックやらで渋滞するだろうと思い
大牟田まで行き、208号かとも思ったけども沿岸沿いが早いだろうと向かう。
信号で停まるだけでスグに熊本市内へ到着し益城方面へ。
行く途中、24日に開催される「F.T.W.SHOW」の会場を様子を見に行く。
恐らく0時前頃だっただろうけど、グランメッセ熊本は自衛隊の車輌だったり
消防などの車が、既に集まってました。流石だな、なんて思いながら
会場を見回すも外観は至っていつものグランメッセ。
そこから山手の益城へ向かうも道中、物凄く困るほどの渋滞や倒壊、瓦礫による
通行の妨げもなく、今ニュースで流れているエリアに到着。
確かに地震で家が少し壊れたりとブロック塀が壊れたりなどあるものの
現地の人も大きな地震が来たな。といった感じ。


東北地震のときもそうでしたが、やっぱり被災した方からすれば突然デカイ車が
来て大変なときにカメラ回して、何かしらの救出だったり手伝っていない我々には
怒りというか、やるせない思いをブツけてくる方もいらっしゃる。
そら当然。
自分がもし家が少しでも壊れたりしてて「修理どうしよう」とか「車潰れたわ」
「近くの親戚大丈夫かな?」「お隣さんは?」
なんて現状把握して次のことを考えてる最中に、その家だったり車だったりに
フォーカスして撮られてたらイラってする絶対にね。
ただ、その写真だったり映像で遠くの親戚とか友人が「●●さん・家、大丈夫そう」
また役場だったり県や国も「ここは少し大丈夫、ここはスグに緊急派遣」
とか民間の報道で分かる・伝えることも多いことも事実。
「それが使命!(取材班)」と思って仕事している人も多いだろうけど、
使命であれば相手の事を考えて取材やインタビューするのも当然だと思う。
その一日目の、その時間は当然ながら上の(東京本部各局)なんか来ていない。
ローカル局がまばらにいて、インタビューしていた。
熊本でも山手の地区そして年配の方が多いので九州の人は、ある程度話してくれてることは
理解できるし土地勘も有るから聞くことも心配度合も使命という言葉に近いと思う。
ただ使命って言葉を軽々しく使いたくない反面、仕事って言い方もしたくない現場と現状。

これは翌日の本震後の話しだけれど、上の各局が現地入りしてインタビュー。
この日以上に酷くなった現場で当然被災した方は恐怖心なんて話しじゃない状況。
皆がTVで見る映像で同じ人が違う角度で微妙に違う質問を受けてるのを見てるだろう。
やはり他とは違う質問・自局のキャスターが聞く画が欲しいゆえ
Aが終わったらB、C、Dと
今Aが聞いたようなことをBもCもDも聞く。余震が頻りにあっている中ね。
それは使命なんだろうか、相手のことを思ったらAの聞いたことをBCDも流せば
いいじゃんって思う。だって家潰れてんだよ。家族が家の下敷きになってんだよ。
どうかと思う。決してTV批判ではなく、最初の地震から5日経って
TV見てる側になり、チャンネルごとに違う画と質問を受けてる、あんときの
おじちゃんやお婆ちゃん見てて心が痛くなる。
ヘリの問題が言われてるけども同じこと。各局話し合って交代制で二機ずつとかに
すればいい話しでしょ。自衛隊とか救急のヘリがナンボ飛ぼうが、そら仕方ない。
こんな状況でスクープもくそもない。

戻るけども当日、取材も終わりお袋方の婆ちゃんが植木で築7~80年の家に
独りで住んでるので心配になり向かおうと思うもお袋から大丈夫との連絡で帰路に。
朝になり、夜では見れなかった現状がTVのヘリ映像で見えてくる。
帰ってきて良かったのか?残って手伝った方が良かったんじゃないか?
なんて色々と考える。
FBで熊本各地の友人たちが色々とUPし断水や停電とかのライフラインの現状も
時間を経つごとに見えてくる。
そして、支援物資を運ぶ方のUPも多くあがっていた。
自分もその日に車が、シャコタンで走れんのか?ってくらいの2t近くの
ミネラルウォーター積んで昨日行ったエリアへ運び渡す。
日も出て、県や国もエリアを絞って救出・支援に来ていたので益城は勿論
その手の車でいっぱい。手伝うことも考えたが自分の無駄にデカイ車による
交通の妨げ、救出なんかそういった訓練もしていない者が現場に残って
プロの邪魔になってはいけないと思い。福岡へ戻る。
この判断も「なんで手伝わなかったの?」とか「何か出来ることはある」
「言い訳だよ」なんて言う人もいるだろうけど、それは現地に行ってない人の意見・見解。
そして何より現地での個人的判断。
募金するのも物資届けに行くのも個人的判断。
考えは人それぞれだし、そのとき・その状況で違うこと。

ただ、水とか持っていって思ったこと。
これも私の個人的意見なんだけども、物資に会社名や氏名って書く必要ある?
水の箱とかお米の袋に
「㈱●●支店」とか「●●県:日本太郎より」みたいなのマジックで書いてあるのが
いっぱいあった。先にも書いたけど個人的に、そんなんどうでもいいやろ。
って本気で思う。この状況で媚売った感じ。なんなの?って思う。
渡せばいいだけ。「頑張って」とか「消費期限近いので早めに!」
なんてメッセージは理解できるし消費期限のアナウンスなんてのは重要。
何を思って会社名とか名前書いてんの?って思うんです。私はね。私は。
また水降ろしてるときに、隣に来た大きいバン。
同じように、しこたま物資持ってやってきていた。ナンバーを見れば遠方の県。
凄いなと素直に思った。自分を含め個人で支援してる方の渋滞が酷くなってる中、
●00kmくらい走ってきたのかなんて思った。
たださ、降りてきて現地の方が荷降ろしを手伝いに来てる中、
「●●県から来ましたよ。いや~●時間かかりました。だいたい●十万円分くらい・・・」
疲れているのは分かる。色々とそれはそれで大変だったのも分かる。
けど、超どうでもいいよ。その情報。なんなんだろう。
軽く小旅行にでも来たかのような会話。
素直にイライラする。

あと自分の車がデカイから言うわけではなくね、単純に車1台の積載量の話し。
自分の車はいわゆるバン(乗用でもあるが)ねアメリカの。荷物を乗せる車の位置づけの車。
セダンや軽なんかとは積載量が違います。
続々と個人の方が物資を持って各地に向ってると思いますが、
先のバンと比べればセダンや軽、中型・大型トラックと比べればバン、
1台の積載量が明らかに違うわけだけども、その違いがあるのに道路での使用範囲はほぼ一緒。
バンとセダン、長さは差して変わらないけど積載量が違うわけで、個人支援の渋滞がおこる。
そう考えたら荷物を運んどきながら言うのもおかしいけれども個人レベルの車よりも
1台ドーンって中型・大型トラックが運んだ方が渋滞もせず荷物も積めて運べるわけ。
現地にエコカーで来ている支援の方が多かったんだけど、エコカーにパンパンに
積めたところでエコカー2台分が軽トラとかバンなら1台。
それも個人の思いや行動だからエコカーだからとか軽だからとか文句もないし
何もしない人よりはすばらしいことには間違いない。

ただ、この日南関ICから高速を上って帰ってたときに熊本へ向かう下り車線に、
ズラリと自衛隊さんの車輌が渋滞していた。しかしそれは左車線に綺麗に1列になっての渋滞。
どういう経緯か走行条件なのかはハッキリわからないけども、恐らく本州からの緊急ではない
応援ゆえ地道に下っているのだと思う。
緊急ではないって言い方があっているかはわからないけど、多分そのスグに救出行動
する部隊ではないゆえ消防だったり警察の緊急車両の妨げになってはいけないから
追い越し車線を走らず左車線で向かっているのだと思う。
そんな中、確かに自衛隊さんのとてつもない行列ゆえ追い越し車線を走っている方も
いるだろうけども、その自衛隊をガンガン追い抜いてく個人支援であろう車たち。
どうなんだろうと思った。
さっき書いたけど、先ほどまで自分も個人支援として行っていたけども
個人の運ぶ物量程度のレベル、ましてや追い抜いてまで1分1秒早くその荷物を届ける
必要性があるのだろうか?
どうなんだろう。

自分が報道で入っていたのを知ったか知らずか?熊本の道に詳しいからか?どうかは
わからないけど、電話で「どの道が混んでない?」とかの電話が多数入る。
先のアナタが混まずして1分1秒争って向かう必要があるの?
家族が友人が安否がわからないなどの理由なら、その気持ちはわからないでもないけども
支援や現状把握に急ぐ必要ある?
どうなんだろう。

そしてその日の夜中に本震がきた。
それまで以上に大変な状況になった熊本。
そんな全て熊本の方を思う気持の行動が上記のことだと思うけれども
取材・支援して思ったこと。
何回もしつこく書いてウルサイだろうけど個人の思いと行動。
良いも悪いもない。
けど自分は先の全てのことを思い考えて福岡市の運ぶ支援物資に協力することにした。
これ見て色々と思う方もいるだろうけど
今はただ、本当に早く行方不明の方が見つかる・救出されること
避難してる方に物資が届き、現状最低限の安全と生活ができること
を思い祈り出来ることをやってくばかりです。

HIRO

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回 カフェカブパーティーi... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む