ひろ子の絵手紙、絵画日記

描いていると楽しい。

桔梗

2017-06-20 15:04:05 | 水彩色鉛筆画

今年も桔梗が咲きました、宿根草なので毎年しっかりと芽を出して咲きます。

  花言葉=永遠の愛、誠実、清楚、従順

      

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花菖蒲 | トップ | 友への便り »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
hirokoさんへ (くりまんじゅう)
2017-06-20 15:58:59
桔梗は大好きな花です。若い頃はこの花の良さが
分かりませんでした。歳と共に桔梗を見るとしんみりします。
↑花とつぼみの様 葉のつきかたなどよく描かれていると
じっと見入ります。 
くりまんじゅうさんへ (hiroko)
2017-06-20 19:52:12
今晩は(^^)/
私も子供の頃からずっと見て来た花です。母がお盆に成ると庭に咲いてる桔梗を必ずお墓の花に入れていたので
一時期は墓花だと思っていたくらいです。
日本的で癒し系の花ですよね、好きな花です。
鉢植えで買って来た株から毎年目が出て来ます。
咲くと嬉しいです(^^♪

コメントありがとうございます
大好きな花 (鈴音)
2017-06-20 21:20:00
桔梗は、山の田んぼへの道にたくさん咲いていた。
紫色が好きなのもあの花がきっかけかも
あれから半世紀・・・そろそろ咲き出すころだろうなぁ。
懐かしくなっちゃいました。
hirokoさんへ (マリババ)
2017-06-20 23:33:11
こんばんは~
我が家も桔梗が毎年応えてくれるからいいよね。
でも今立派な葉が広がってますが、花がついてません。
hirokoさん所は、花盛り綺麗ですよ。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-06-21 07:10:57
桔梗の花
凛として
ちょっと気品が感じられるお花ですね
とても美しいです
葉っぱも描くのが大変だったでしょうね
丁寧に繊細に描かれていて ビックリです

お早うございます (ひろばあちゃん)
2017-06-21 08:31:08
涼しげで素敵な桔梗ですね。
大好きなお花です。
我が家のキキョウはまだ花が咲いていません。
他の花の中に埋もれていたので、日照不足です。
鈴音さんへ (hiroko)
2017-06-21 10:06:53
おはようございます(^^)/
地味なお花ですが、インパクトがあり
私も好きな花です。白い花も有りますね、
本当に懐かしい花です。

何時もありがとうございます。
マリババさんへ (hiroko)
2017-06-21 10:10:18
おはようございます(^^)/
幸いにも私のベランダは南向きで
お陽さんの恵みを一杯頂けるので
植木鉢の花も毎年忘れず咲いてくれます。
水遣りを忘れると駄目ですけど。
マリさんところも花が咲くと良いですね、

何時もありがとうございます。
Unknown (takayan)
2017-06-21 10:10:54
おはようございます。
もう桔梗が咲き始めたのですね。
開く直前の蕾の形も好きな花です。
幾つかの花言葉の中で「清楚」と言うが、一番ピッタリかな?と思いながら拝見してました。
延岡の山歩人Kさんへ (hiroko)
2017-06-21 10:18:32
おはようございます(^^)/
桔梗は長く我々の記憶の中にある花ですよね、
この花が咲くと母を思います。

日本的な花だなぁ、と思います。
つい忘れがちになるんですが、花を描く時葉っぱが重要な役割なんです、
何時も丁寧に観ていただいてありがとうございます。
ひろばあちゃんさんへ (hiroko)
2017-06-21 10:23:08
おはようございます(^^)/

植木鉢の桔梗が一斉に満開になりました、
順番に咲いて呉れれば長く楽しめるのに
と思いながら嬉しくて水遣りをしています。

ヒロさんの花も咲いてくれると良いですね、
私も大好きな花です。

何時もありがとうございます
takayanさんへ (hiroko)
2017-06-21 10:31:24
おはようございます(^^)/
今桔梗が満開になりました、
本当にぷっくり膨らんだ蕾は可愛らしいですよね、
五枚の花弁が全部繋がって咲くのも面白いと
思いながら新発見でした、

何時もありがとうございます。
こんにちは (のびた)
2017-06-21 10:45:20
信州の子ども時代 桔梗は山野草です
ほたるぶくろもあわせ 今や花屋で売られる事態ですね
のびたさんへ (hiroko)
2017-06-21 11:30:39
おはようございます(^^)/
そうなんですか、桔梗が山野草だったとは
初めて知りました。
何となく心に残る花の一つだと思っていた
懐かしさはここから来てるんでしょうか、

何時もありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL