まどろむパイドロス

小さな幸せ、探しながら…
のんびりと過ごす日々のつぶやき。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「そごう寄席」落語と浪曲

2008-01-12 22:56:49 | 落語
私の今年の「初笑い」は、5日の笑福亭福笑師匠ご出演の「
そごう寄席」でした。

会場のそごう劇場は、こじんまりとしているけれど、上質な
造りの劇場。
落語の他コンサートや映画など様々なイベントに対応する劇
場で、幅が広いのが印象的でした。

舞台のめくりの字は繁昌亭と違っていたので、おそらくプロ
グラムを担当されている橘右橘さんでしょう。


新春開口一番は、私が勝手に「なごみ王子」と呼んでいる、
桂佐ん吉さん。
お正月らしく羽織で登場。
佐ん吉さんの羽織姿は初めて拝見しましたが、ちょっと貫祿
ついて見えるのは羽織のせいだけではありませんね~。
高座姿が堂々とされてきました。
まくらは新年らしく今年の運勢のお話。
佐ん吉さんは山羊座だそうで
「今年の運勢は大幸運。ただし、おしゃべりに注意。」
で大笑いしました。
演目は、「狸の賽」。
子狸のちょっと頼りない甘えたような感じが可愛らしい。
全体に優しい雰囲気でメルヘンチックな「狸の賽」でした。


二番手は、私は初めて拝見する林家花丸さん。
演目の「阿弥陀池」も初めて聴く噺です。
最初の米屋の強盗事件、あまりの凄惨さにコワ~とビビって
いたら…。
もう、花丸さん。真面目な顔して上手すぎます。
洒落尽くしの噺を、最後にはなるほどと納得する説得力で、
きっちりと楷書の芸を聴かせてもらいました。


続いて、月亭八天さん。
八天さんの噺を聴くのは、昨年7月の繁昌亭昼席での「足上
がり」以来二度目です。
この日は「茶屋迎い」。
お茶屋に入り浸って帰って来ない若旦那を店の者に迎えに行
かせるのですが、誰も彼もミイラ取りがミイラになって帰っ
て来ない。
それでとうとう親旦那が迎えに行って…というお話。
この迎えにやるメンバーがそれぞれ個性的で、中でも店で一
番の堅物、杢兵衛が「隠れキリシタンのロボコップ」キャラ
っていうのに大笑いしました!
酒が入ると賛美歌歌うし。(笑)
八天さんは噺の選択が面白いというか、いつもこちらが嬉し
くなるような粋な噺を聴かせてもらえるなぁ。


中入り後、女流浪曲師・春野恵子さん。
ご存じの方も多いでしょうが、春野恵子さんは昔のTV番組
「進ぬ!電波少年」の東大受験の家庭教師をしていた「ケイ
コ先生」なのです。

さて、幕が上がると曲師の沢村さくらさんが高座の上手側に
座っておられて、へぇとビックリ。
さくらさんもとっても可愛らしい方です。

演台の膝隠しにモンドリアンの「コンポジション」をアレン
ジしたような図柄に「はるのけいこ」と名入りのテーブル掛
けを垂らしてあるのが面白い。

「おめでたい新春なのに、悲しい話を選んですみません。」
と、登場するなりいきなり謝る恵子さん。
なんでも、お正月の仕事だと気付かずに、その時勉強中だっ
た話を掛けることにしたのだとか。

たしかに、「お夏清十郎」は聴いていて辛くなる悲劇で、女
性の声で聴くとまた一段とむごたらしい…。
客席も、固唾を飲んで聴いていました。

それにしても、浪曲を直に聴くのは初めてでしたが、恵子さ
んの堂々たる迫力を見て、観客相手に一人で語り歌って聴か
せるというのは大変な精神力のいるものだなと感じました。
正座で浪曲を語るのは勝手が違って大変だったでしょうね。
見ているこちらも、つられて力が入っちゃいましたー。


割れんばかりの拍手に迎えられ、いよいよ本日の大トリ。
笑福亭福笑師匠の登場です!

前の春野恵子さん&沢村さくらさんのネタに始まり、昨年の
時事問題の数々を面白おかしく解説してくれるのに大笑い。

今日の噺は短いから、いっぱいお話しますと義太夫の解説か
ら文楽の話まで15分のまくらに、客席、一気に点火!(笑)

そして、充分あったまったところで「軒付け」。
福笑師匠も新春からアクセル全開で飛ばす、飛ばす。
最初の義太夫の初舞台から、とんでもメンバーの揃った軒付
けまでノンストップで爆笑の連続攻撃。
三味線の腕前をけなされて居直るテンさんが可笑しい。
途中のアクションのすごいこと!
前回のざこば師匠の二人会と比べると、若干おとなし目な感
じはしましたが、それでも笑いに笑いました。


まだ笑いの残る顔で帰る途中、そごうの1階で花丸さんと八
天さんをお見かけしました。
さっきの着物姿と違って黒の革ジャン姿!の花丸さん。
カッコ良すぎです。
意外に(失礼!)、お二人ともとってもお洒落さんでした~。


今年の寄席始めを福笑師匠で初笑い。
良い一年の幕開きになりそうです。


◆新春公演「そごう寄席」落語と浪曲
 1月5日(土)14時開演
 そごう心斎橋本店14階 そごう劇場

<番組>
桂 佐ん吉…「狸の賽」
林家 花丸…「阿弥陀池」
月亭 八天…「茶屋迎い」
~中入り~
春野 恵子…「お夏清十郎」
      /曲師 沢村さくら
笑福亭福笑…「軒付け」
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「上方落語検定」の結果。…の... | トップ | 詰め放題。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花丸さん (わさび)
2008-01-13 00:43:16
花丸さんは「千早振る」や「あくびの稽古」もおもしろいですよ。
1/15 の『上方演芸ホール』で花丸さんの「たいこ腹」が放送されますので、お見逃しなく。
ありがとうございます!(*^ー^*) (は~と)
2008-01-13 23:19:13
>わさびさん

情報をありがとうございます。
ご挨拶遅くなりましたが、今年もどうぞよろしく
お願い致します。

早速、15日の放送をチェックしました!
なんと、染二さんも出ますね。(うふ♪)
花丸さんの真面目そうでとぼけた感じが良かった
ので、今からワクワク、楽しみにしています。

あわせて読む