北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

パーカッショニスト、太田ひろさんが亡くなったらしい

2016年12月28日 21時13分33秒 | 情報・おしらせ
 オホーツク管内置戸町の詩人、美術家、音楽家の鈴木順三郎さんのFacebookで知りましたが、札幌の打楽器奏者、太田ひろ(ヒロ)さんが亡くなったそうです。

 太田さんは、ギャラリーたぴおなどでひらかれるグループ展の常連で、シンプルな金属の立体を出品していました。
 オープニングパーティではその立体を自らたたいて演奏していました。立体作品は、外見からは信じられないほど、深みのある澄んだ音を響かせていました。
 材料はどこからか拾ってきたものもあり、それを自ら加工したりもしていました。

 以前は、鈴木さんと一緒に「ミニマムライン」というグループで前衛的な演奏をしていたそうです。

 ご冥福をお祈りします。


関連記事へのリンク
hiro ohta SABITAGE NO RUST NO LAST (2009)
第27回存在派展(2007)


『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■jobin.個展 [ あの夜の抜け... | トップ | 12月28日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・おしらせ」カテゴリの最新記事