北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

道立三岸好太郎美術館が愛称募集、締め切り迫る

2016年10月29日 08時40分00秒 | 情報・おしらせ
(※追記。肝心なことを書いてませんでした。締め切りは2016年10月31日です)

 来年、前身の道立美術館から数えて開館50周年を迎える道立三岸好太郎美術館が愛称を募集しています。

 募集する愛称は

1)愛称の表記については漢字、ひらがな、カタカナまたは英数字等は自由で、字数も制限ありません。

2)応募する愛称は、自作で未発表のものに限ります。

3)愛称の応募は、一人で何点でも応募できます。

 また応募資格などもありません。


 同館は「愛称のポイント」として

美術館は、三岸好太郎作品の展示のほか、若手芸術家の作品紹介や美術館コンサート、子ども向け企画など多彩なイベントを行っており、今後さらに発展的に活動を進めていくことをイメージできる、親しみやすく、言いやすく、わかりやすいもの。


としています。

 応募は
①郵便番号②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤性別⑥職業(学生は学校名・学年)⑦電話番号⑧愛称1点とその読み方⑨愛称の簡単な説明
を記入して、北海道立三岸好太郎美術館「愛称募集担当」に送ってください。
 送り先は次の通り。

郵送の場合:〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目
ファックスの場合:011-644-8902
Eメールの場合:mizushi.11@pref.hokkaido.lg.jp

 問い合わせは、同館(011-644-8901)の立川さんへ。


 詳しくはこちらのpdfファイルをごらんください。

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/grp/aishoyoko.pdf

 応募用紙もダウンロードできます(この用紙でなくてもかまいません)。


関連するかもしれない記事へのリンク
公共施設などの愛称は、なぜ定着するものと忘れられるものがあるのか?
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日(金)のつぶやき その2 | トップ | 2016年10月25~29日は計7カ所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・おしらせ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL