北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

■doubles2 : 間(のめ) in between Gaze (9月10日~10月9日、東京) 2016年遅い夏(15)

2016年10月17日 01時01分02秒 | 道外で見た展覧会
承前

 9月26日の日記はこれが13本目の記事。
 信じがたいほど遅い作業ぶりで、展覧会の紹介が会期中に間に合わず申し訳ありません。

 そもそも、茨城から東京に着いたのが夜の9時過ぎで、まだ見る場所があるのか! と言われそうですが、恵比寿の WAITINGROOM というギャラリーは、火曜と水曜がお休みのかわり、月曜日は午後5~11時オープンという変則日程になっているのです。
 ギャラリーのディレクター芦川さんによると、ほかのギャラリストが自分の会場を閉めてから見に来ることもよくあるとのこと。

 「doubles」というのは「今後の活躍が期待される若手キュレーターを紹介するシリーズ」とのことで、昨年に続き2回目。
 今回は沖縄出身の居原田遥さんと横浜出身の大下裕司さんが共同で企画し、それぞれ手塚太加丸さん(1990年、屋久島出身)と結城幸司さん(1964年、釧路出身)をえらびました。
 展覧会タイトルの「間」は、もんがまえの中に「日」ではなく「月」が入った、新たにつくった漢字を用いています。この字は、結城さんと手塚さんが話し合って決めたようです。この字をふくめて「あいだのめ」とよみます。
 大下さんは2014年の札幌国際芸術祭に裏方としてかかわり、フリーのキュレーターとして札幌で展覧会や勉強会などの企画も行っていたので、このブログの読者でご存じの方も多いでしょう。現在は横浜に戻り、活躍中です。

 会場に近づくと、森のような香りが強くただよってきます。
 2人の作品を仕切るような格好で、大量の材木が、ギャラリー空間を横断しているのです。
 これは手塚さんの「木を切って並べる」というインスタレーションでした。
 手塚さんは「石を動かして積む」という映像作品も出品しています。

 一方、結城さんは「オホーツク●」(●は展覧会タイトルと同じくもんがまえの中に「月」)などの版画を6点出品しました。
 冒頭に画像を載せた「オホーツク…」が、板のパネルと同じ大きさで、ほかは小品です。


(画像にモアレが生じていて、申し訳ありません)


 結城さんはアイヌ民族の版画家で、毎年東京で個展を開いています。
 ただし、2013年に道立近代美術館が開いた「アイヌアート」展では裏方に回るなどで、札幌では目立った発表はありません。
 「オホーツク…」は今回のための新作です。現代アートのフィールドにおいで願うには、これぐらいの大きさは必要だということかもしれません。
 2カ所に顔のついたクマとサケが、素朴に描写されています。

 小品で目を引くのが「映画『七五郎沢の狐』原画」。
 函館市の医療廃棄物の投棄問題をテーマ自ら共同制作した短編映画のメインビジュアルとして描いたもの。大下さんによると、あちこちの短編映画祭に招かれて好評を得たそうです。

 この2人展(キュレーターを入れると4人展か)の狙いについてはギャラリーが発行したパンフレットにキュレーターが寄せた文章を読んでもらうのがいちばんだと思います。
 もとより筆者ごときが要約したりするものではないのですが、ひとつ書いておきます。アイヌ民族のアーティストとしては砂澤ビッキが圧倒的な知名度を誇っており、14年の札幌国際芸術祭でも展示がなされました。
 キュレーターがほんとうに彼のことを評価して選出しているのならまだいいのですが
「アイヌから誰かひとり入れて、多様性を演出しておくか~、じゃあ砂澤ビッキでも入れるか」
みたいな感覚が万一あるのだとしたら、ゆゆしき問題です。
 ビッキ以外にも、創作を続けているアーティストはいるんだぞ! というアピールを東京でも行うことは、必要なことでしょう。
 ビッキが亡くなって27年。アイヌ民族の存在を過去のものにしようとする的外れな言説も出てきています。アイヌの人々はいまも生きているし、アイヌ文化に根ざした表現もまさに同時代のものとして存在しています(ただし、アイヌ民族は木版画や木彫を昔から手がけていたわけではないので、それを「伝統」の文脈で語るのも、言葉足らずであることを付記しておきます)。


 なお、今回の「相方」は、沖縄出身のキュレーターと屋久島(鹿児島県)のアーティストのコンビで、この「北と南」の枠組みが、ちょうどあいちトリエンナーレで端聡さん(札幌)が企画した展示「交わる水ー邂逅する北海道/沖縄」と同一のものを持っていることに、興味を抱きました。

 まだまだ書き足りないことはありますが、このへんで。


『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日)のつぶやき その3 | トップ | 東京・9月26日から27日にかけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL