北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

【速報】スタジオジブリ レイアウト展 (8月29日まで)

2010年06月27日 12時13分53秒 | 展覧会の紹介-CG、design
 詳細な分析は、展覧会図録(2900円)や「美術手帖」2008年9月号をじっくり読み込んでから行うことにして、ざっと見た感想を記しておきます。
 ついつい長文になってしまいました。


 「レイアウト」というのは、映画の設計図のようなもの。
 「絵コンテ」が、脚本に絵をつけた「映画の基本」だとしたら、それよりもやや詳しいデッサン的な「指令図」みたいなもの。
 音声やせりふに関する記述はなく、かわりに、カメラの動き(パンなど)や登場人物の動き、色の表現などの指定が書き込まれることが多い。
 ほとんど鉛筆と色鉛筆で描かれている。
 背景を描く人やアニメーターへの指示のためのものだから、絵の細かさは、紙によって異なる。

 宮崎駿・高畑勲コンビによるアニメーションで初めてレイアウトがシステム的に用いられたのは、1974年から放送された「アルプスの少女ハイジ」。
 宮崎駿は「ハイジ」の30分シリーズのレイアウトをすべてひとりでかいた。常識的にはありえない(テレビアニメは、数人で演出・脚本をまわすのが普通)。
 この展覧会は、その「ハイジ」と、「母をたずねて三千里」「未来少年コナン」「赤毛のアン」「ルパン三世」(これは第2期テレビシリーズの1話)「じゃりン子チエ」までを、「レイアウトシステムのはじまり」というくくりで、会場の最後の部分にまわし、その手前に「風の谷のナウシカ」「天球の城ラピュタ」「おもひでぽろぽろ」「もののけ姫」「ゲド戦記」といったジブリ作品のレイアウトを展示している(厳密には「ナウシカ」は「トップクラフト」制作)。
 また、「ギブリーズ episode2」「On Your Mark」といった、あまり語られないような地味めな作品もとりあげられている。
 いちばん最後は、来月公開の新作「借りぐらしのアリエッティ」のレイアウト。これは、2008年の東京都現代美術館など、これまでの巡回先ではもちろんなかったものなので、札幌の人は2年間待ったかいがあるというものだ。

 もちろん、もともと保管するために描いたものではないから、残っている量には差があり、「魔女の宅急便」などは数えるほどしか展示されていない。また、あの初期の名作「パンダコパンダ」シリーズなどは、このシステムの前であるから当然展示されてないし、「ルパン三世 カリオストロの城」もない。
 ダントツに多いのが「千と千尋の神隠し」。天井までいっぱいに展示されている部屋があり、上の方の細部を見るのはとうてい不可能だ。
 しかし、会場構成にメリハリをつけるという意味ではこれはしかたない。というか、今回は、展示会場内には、理解を助けるための少数のパネルと小型液晶モニターがあるくらいで、これくらい地味な会場はむしろ珍しいのではないか。
(トトロの上に乗って写真を撮るコーナーとか、体験コーナーのたぐいは、展示室外に置かれている)

 だからといって、つまらない展覧会ではない。
 むろん、見た映画のレイアウトはとても楽しめるが、見てない映画のそれにも興味がわいてきて、気がついたら1時間半や2時間はたってしまう。
 鉛筆デッサンに色をさっと加えただけの、ほとんどおんなじような大きさの絵がならんでいるだけなのに、ですよ。
 それは、やっぱり、あたりまえの理由づけになるけれど
絵が圧倒的にうまい
ためだとしか思えない。

 あまり理屈っぽく分析してもしょうがないが、

・人物の表情の豊かさ(「ナウシカ」を見たことがなくても、この少女がなにかに感極まって泣く寸前ということがわかる1枚がある)
・俯瞰だったり、下から見上げたりといった角度の豊かさ
・空中を走るトロッコや恐るべき兵器、架空の生きものなどにみられる並外れた想像力

等々、とにかく圧倒されてしまうのだ。

 こんなことを記すとまたさしさわりがあるかもしれないけれど、この水準の「絵」に出合うことって、日々ギャラリーをまわっていても、そうそうしょっちゅうあるわけではない。
 もちろん、現代のタブローと、アニメの絵は、そもそも求められているものが違う。しかし、今回の展覧会を見てしまうと、ふだんギャラリー目にする絵が、いかに、たとえば、人間の生き生きとした表情だとか、動きといったものを軽んじているかが、あらためてわかり、ちょっとびっくりしてしまうのだ。

 もっとも、すべてがタブロー的な完成を求められているわけではないので「映像さま、なんとかヨロシク」「つじつま合わせてください」のような走り書きを見ると、思わず口元がゆるんでしまう。


 音声ガイドは柊瑠美(「千と千尋」主人公の声)によるもの。500円。これは、借りてないのでわかりません。
 売店は、受付の反対側の部屋に設けられている。一昨年の「男鹿和雄展」のときに比べると、グッズ系が増え、コンテンツ系(ジブリ作品のDVDや宮崎・高畑の著作など)が少ないような印象。
 なお、通常の売店は、ジブリとは関係なく、道内作家が「弁当」をテーマに作ったグッズや作品を販売する特別企画を開催中。こちらものぞいてみればおもしろいかも。

 
2010年6月26日(土)~8月29日(日)9:45am~5:30pm(入場~5:00pm)、金曜日および8月12~15日は9:45am~9:00pm(入場~8:30pm)会期中無休
札幌芸術の森美術館(札幌市南区芸術の森2)

一般・大学生 1100(900)円、高校・中学生900(700)円、小学生 600(400)円
    ※( )内は、前売りおよび20人以上の団体料金
・野外美術館との共通券もあります

□STVの展覧会ホームページ http://www.stv.ne.jp/event/layout/index.html


・地下鉄南北線真駒内駅バスターミナルの「2番乗り場」から中央バスに乗り「芸術の森入り口」降車。(すべての便で行けます。片道280円)
・会期中、音楽イベントなどがある日は、車で行かない方がいいです。


(2番乗り場は、真駒内駅の改札口を出てすぐ左折し、数十メートル先です)
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010年6月25日は12カ所 | トップ | 2010年7月から »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スタジオジブリ・レイアルト展 (玲な)
2010-07-15 08:05:47
7月14日、レイアウト展に行き、首が痛くなる程、眺めてきました。大勢の若い人に交って、1時間以上は見て回り、少し疲れました(絵の構成や自然の描き方、表情など勉強になりました)。
9月7日~10月24日:札幌芸術の森美術館20周年記念展の「北方神獣」、本当に楽しみにしています。
なんか、最近、急に忙しくなって、あちこち観て歩いています。
こちらのブログもちょっと、開いたつもりが、興味が広がり、気がつけば1時間くらいは閲覧しています。
北海道も1ケ月間ほどの盛夏に入ります。しっかり食べて、お身体ご自愛くださいますよう。
玲なさん、こんばんは (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2010-07-15 22:26:04
男鹿和雄の時もそうでしたが、絵を描く人がこの展覧会に行かないなんて、ありえないと思うのです。それぐらい、すごい展覧会でした。

玲なさんは、このブログを熟読していただいているようで、なんだか恐縮してしまいます。
過去のエントリで、これがおもしろかったとか、ここが間違ってるとか、もしあれば、教えてくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジブリから学んでマス☆ (友里-tomosato-です)
思えば、かなり小さい頃からジブリをいつの間にか見ています