北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

東京・9月26日から27日にかけて。2016年遅い夏(16)

2016年10月17日 20時46分07秒 | つれづれ日録
承前

 WAITINGROOM で、大下さんと別れて、駅に向かう。

 午後10時台だというのに、山手線は2、3分おきに電車が来る。

 深夜に11輛編成の電車がひっきりなしに来て乗客が大勢いること。30階建て超の超高層ビルが数え切れないぐらいたくさん、しかもあちこちの地区に林立していること。

 当たり前のような顔をしてみんな歩きすぎていくけれど、これらは、人間の常識的な感覚からすれば、異様なことだと言わざるを得まい。
 札幌だって、本来の人間のスケールからすれば、異常に大きい街ではあるが、30階の高層建築はそれほどでもないし、たいていの所からは山が見える。

 東京の異様さを、強調するつもりはないが、決して忘れないようにしていきたいと思う。


 五反田で山手線を降りて、ホテルへ。11時頃チェックイン。



 一夜明けて9月27日。

 荷物を品川駅のコインロッカーに預け、エキナカで朝食。
 ふつうの和食の定食。
 ラッシュアワーが終わったばかりで、どの店も比較的すいていた。

 東京は近年、改札口を出なくても食事など用事がすむことが多くて、非常に助かる。
 品川から恵比寿に行き、この日最初の目的地である東京都写真美術館へ。

 恵比寿駅から、写真美術館がある恵比寿ガーデンプレイスまでは、オートロードがあるのだが、筆者は、オートロードをゆっくりと歩いている人を、横から早歩きで追い抜いていくことが楽しみ。ふだんから歩くのは速いのだ。
 しかし、途中で疲れてしまった(あたりまえか)。

 開館10分ほど前に到着したので、写真美術館の横にあるファミリーマートでエスプレッソコーヒーを註文。
 店舗デザインが渋い。横に、喫茶店のようなイートインもある。
 そこでひと息を入れて、美術館巡りに備えるのであった。

(この項続く) 
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■doubles2 : 間(のめ) in ... | トップ | 10月17日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL