北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

2017年3月10~12日は3カ所。あるいは、好きなことをやっている人に対して「批評」は無意味か?

2017年03月13日 01時01分01秒 | つれづれ日録
 10日は休み。

 11日は前日の代わりで、出社。
 退社後、ギャラリーエッセ→コンカリーニョ→カフェ北都館ギャラリー。

 エッセでは「二十一歳展」。
 堀江理人さんの絵「すってははいてがつづくことの」が良かった。人生について何かを考えながら、絵筆を執っているように感じた。

 12日も休み。
 けっきょく外出せずに終わった。




 12日は家でツイッターをしている時間が長かった。
 熱い話題は、美術批評の北海道における不在についてだった。

 ある若い作家が次のようにつぶやいていたのが、印象に残った。

評価されるのが嫌なんじゃないでしょうか。なんとなくですけど好きでやっているのだから評価されたくないっていう人たちの方が圧倒的に多い気がします。


 それを言われると、こちらとしては、何も書くことがなくなってしまう。


 たとえば、11日に琴似のコンカリーニョで「不羈之鳥」という展覧会を見たが、30人ほどが出品しているというわりには作品数が少なく、小さい絵が多くて、天井の高い会場空間に、完全に負けていた。
 犬養とかneccoのような小さい空間に作品が密集していれば趣味的な展示としての良さは感じられたかもしれないが…。
 参加者や若い友人とおぼしき人たちは楽しそうにしていたようだが、筆者のような外部の人間には、どこがおもしろいのかまったくわからないシロモノだった。
 すくなくても、これまで積み重ねられてきた美術史とはまったく関係はないし、また、現代の社会とも接点はない。好きな人が好きなようにやっているイベントにしか見えなかった。

 見た人は、こういうのを「アート」だと思っているのだろうか。
 しかし、好きでやってるんだとしたら、べつに自分のような外部の人間がとやかく言うことじゃないんだろうな。
「せっかく若い人たちが一生懸命やってるんじゃない」
「当人たちが楽しいんだから、別にいいだろ」
と言われたら、こちらとしては、反論する材料も必要性もないわけだし。

 それに、基本的には筆者は、なにかをけなすことに時間や労力を割くのがもったいないと感じているので、否定的な評価や、批判的な文章は書かないようにしている。


 ただ、筆者が見るかぎり、ツイッターなどでは「楽しい」「こんなの見たことない」などの肯定的な感想ばかりで、もし、そういうのだけが記録として残っていくとしたら、札幌のアート全体の流れのなかで見た場合にあまりに公平さを欠くと思ったので、ひとこと書いておくことにした。 
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月12日(日)のつぶやき その2 | トップ | 中嶋幸治 芸術記録誌「分母... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こういうのも書けるといいんですが (梯子状@art)
2017-03-13 01:36:58
夜想とかTH系ですかね。そういえばやないさんあまりこういうの書きませんでしたっけ。
Unknown (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2017-03-13 09:53:45
THって、あんまり読んだことないのでわかりません。
夜想のほうは、自分の抱いているイメージとしては、もうすこし他の分野のほうに開かれているような気がするんですよね。

いずれにしても、おどろおどろしいアート(という形容詞もアレですが)にも、「すごーい」と思わせるものと凡庸な作品があるのは、他と同じだと思います。
Unknown (浅野)
2017-03-13 17:14:39
結局、大多数の方は自分の褒め称える評価しか聞きたくないようですよ。相手の考え方を理解しようとして、そこから自分の考えを伝えようとする「議論」というのが成り立たない感じはしますよね。

前に若い写真家希望の人の作品を見てほしいといわれて、感想を言ったら根にもたれて大変なことになってます(笑)
浅野さん、こんにちはー (ねむいヤナイ@北海道美術ネット別館)
2017-03-13 22:00:44
まぁ、そんなものかもしれないですね~。
私の経験では、ギャラリーで「どうでしょうか」などと聞いてくる人にかぎって、どう返事をしたらいいか困る場合が多いような気がします(苦笑)。
いつだか、路上で撮った猫の下手な写真を、珍しいでしょうって見せてくれた男性がいて、本当に閉口しました。
Unknown (浅野)
2017-03-13 23:22:06
結局自意識過剰なガラパゴス化した人が自分を評価して欲しいというのに最近食傷気味なのは確かです。底が浅いなあと思うけど、そういうと上から見てるということだそうです。

頑張っている人を批判するのはダメなのだという事だそうです。
Re:Unknown (ねむいヤナイ@北海道美術ネット別館)
2017-03-14 00:15:07
面倒くさー。
一番いいのは、そういう人がいつのまにか界隈からいなくなってくれることでしょうね(笑)。

私は批判するのがめんどうなときは「楽しそうにやっておられますね~」とか、テキトーに話を逸らします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL