北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

祝 北海道日本ハムファイターズ、日本シリーズ出場

2016年10月18日 01時01分01秒 | つれづれ日録
 遅れましたが、やったー! です。
 プロ野球パシフィック・リーグでことし優勝した北海道日本ハムファイターズが、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで福岡ダイエーホークスを下して、日本シリーズに出場することが決まりました。
 ぱちぱちぱち。

 セントラル・リーグで25年ぶりに優勝し、CSでも勝った広島東洋カープと、日本シリーズで対戦することになります。

 筆者は、パリーグのCSファイナルステージ第5戦が行われている最中、美術館やギャラリーを回っていました。
 したがって、4点差を逆転した打線の粘りも、最終回にまさかのリリーフのマウンドに立って日本最速の165キロを連発した大谷投手の快投も、見ていません。
 
 この日、道立三岸好太郎美術館の前に、こんな看板が立っていました。

 「アート」と「スポーツ」というと、愛好者の層があんまり重ならないような気もしますが、必ずしもそうでもないようです。

 この前日、10月15日も、ある展覧会に行くと、作家さんが
「みんな札幌ドームに行っているのか、テレビで観戦してるのか、お客さんが来ない」
と苦笑していました。
 彼女といっしょに出品している人が、携帯電話でファイターズの勝敗を誰かに聞きだしているのが、なんだかおかしかったです。



 さて、10月22日に日本シリーズが始まります。
 先に4勝したほうが、プロ野球日本一の座をつかむことになります。
 相手は勢いのある広島カープ。
 勝つためならどんな手段でもいとわない某球団などと違って、さわやかな対戦が期待できそうです。

 カープが日本シリーズに出場するのはじつに25年ぶりです。

 ここで筆者が思い起こすのは、カープが日本シリーズに初出場した1975年のことです。
 対戦相手は何度も出場しているパの強豪、阪急ブレーブス(オリックスバファローズの前身)。
 新参者のカープは健闘したものの歯が立たず、2引き分け4敗でした。1勝もできなかったのです。

 今回の顔合わせは、このときと似ているような気がします。
 試合巧者ぶりでは、ファイターズに一日の長があるのではないでしょうか。

 勝負はやってみなければわかりませんが、だいたい似たような結果になるのではないかと、筆者は予想します。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日(月)のつぶやき | トップ | 能登智子さん死去 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回は (わたじゅん)
2016-10-17 22:22:53
1986年の西武対広島を凌ぐ、4勝3敗2分で第9戦までもつれる史上最長日本シリーズを期待する!←大谷が壊れちゃうよ!
Re:今回は (ねむいヤナイ)
2016-10-17 22:27:36
勤め先の運動部と編集本部も壊れちゃうのでやめてもらいたい。大谷は人間やめたそうなので、大丈夫かもしれない(←そんなわけない!)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL