北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

中嶋幸治 芸術記録誌「分母」vol.2 特集メタ佐藤 −包み直される風景と呼び水−

2017年03月13日 09時49分11秒 | つれづれ読書録
 うまく説明ができるかどうか自信がないのですが…。

 中嶋幸治さんは青森県出身で、現在は札幌を拠点に美術の活動をしています。
 彼が「芸術記録誌『分母』」を150部限定で出すにあたり、3月4、5の2日間だけ、札幌市北区の temporary space で販売会を開く―そういう内容のフライヤーをたまたま某所で目にしたので、これは行かなくては! と思って、出かけました。
 記録誌の特集は、札幌の写真家、メタ佐藤さん。

 1冊3千円。
 ページ数の記載はありませんが、94ページほどあります。カラー図版も多く、部数を考えるとむしろ安いという印象すら抱きます。

 「誌」といっても、ふつうの雑誌のようにいろいろな内容が入っているのではなく、2年間にわたって、中嶋さんがメタ佐藤さんを追いかけた記録集です。
 佐藤さんの写真(彼の作品と、彼を撮った写真)、ロングインタビュー「断片的な会話録」、中嶋さんのテキスト「包み直される風景、写真」、これまでのメタ佐藤さんの作品の解説、メタ佐藤さんの進行中の企画の紹介、そして、「呼び水」と題されたメタさんによる後記などから成っています。
(巻末、架空のギャラリーで開かれるメタ佐藤個展の会場写真が大きく掲載されていて、これは一見の価値ありです)

 したがって、中嶋さんの「作品」ということは確かなのですが、内容は、メタ佐藤さんについてのものです。中嶋さんは、この本に関しては、それほど美術家然としてふるまっているわけではなく、編集者・インタビュアーとしての立場に徹しています。
 もっとも、販売会の会場では、製本を実演しながらの販売でしたが。

 メタさんの過去作は一般に出版されているわけではないようなので、ドキュメントとしても貴重なものだと思います。



 ちなみに「分母」のvol.1は、3年前に出ているとのこと。
 中嶋さんが自分の作品の記録をまとめて、メタ佐藤さんに「こういうものを作りたい」と提示するために作ったものの由です。
 このあたりのペースは中嶋さんらしいというか、いつも追い立てられるように急いで歩き回っている筆者からすると、むしろ見習いたい、落ち着き払いぶりだと思います。
 また「分母」という誌名について中嶋さんは、この語の多義的なところが気に入っている、という意味のことを話していました。


 


 画像は、販売会の会場です。
 左側にはメタ佐藤さんの作品が4点。
 正面には「分母」の版下に、2人が手書きでメモを書き入れたものを展示してありました。

 150部が完売したかどうかは聞いていないので、興味のある方は、中嶋さんに問い合わせてもらえればと思います。
(というか、現代の写真に興味のある人は、入手したほうが良いと思います)





 メタ佐藤さんの「義眼、白濁す」あたりは、筆者には大変な仕事だと思えます。「天才」という言葉はあまり使いたくないのですが、そうとしか形容しようのないすごみがあります。
 その天才性をことばで説明するのは非常にむずかしい。ただ、1970年代前半の、中平卓馬や森山大道「写真よ、さようなら」の仕事に共通する何かを感じさせます。ぶっきらぼうなスナップの総体なのに、なぜか世界をまるごととらえているような、そんな戦慄を、共通して感じるのです。
 メタ佐藤さんは、そこに哲学的な思考が絡んでくるので、本格的に論じることがさらにむずかしくなるのですが。

 世間一般の人がイメージする「写真家」とは、活動の仕方がかなり異なっているので、余計に説明がしづらい点はあります。
 ただ、その独自性は、注目すべき存在だと思います。


(やはり、ぎこちない文章になってしまった…)





 さて「分母」vol.2には、メタ佐藤さんの現在進行中の制作についても触れられています。

 これまでの哲学的な仕事にくらべると、相当に「わかりやすい」ものになっていると思うのですが、なんと道内の龍神信仰について調査しているというのです!

 筆者も、知っている人は知っていると思いますが、札幌の川マニアでもあるので、空沼岳の真簾沼と平岸の関係など、話を聞いているだけで、コーフンしてしまいました。
 この件については、また項を改めたいと思います。



http://kojinakajima.com/

http://metasato.com/


中嶋幸治展 風とは (2014)
中嶋幸治展 0m/s -zero meter per seconds- (2010)
中嶋幸治「エンヴェロープの風の鱗」展 (2009年7月)
ALGILLN'NE展「モーラ」 (2008年)
中嶋幸治展「Dam of wind,for the return」 (2007年)


メタ佐藤写真展「光景」 (2014)
【告知】「写真 重力と虹」展 (2013)
【告知】写真展「三角展」 (2011)
さっぽろフォトステージPart1 (2009)
さっぽろフォトステージ (2008)
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月10~12日は3カ所。... | トップ | 3月13日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ読書録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL