GZ ROCKS

広州日本人ラグビークラブ「GZ ROCKS」の活動記録です。

18th Asian Japanese Rugby Cup in Taiwan

2017-02-12 | 練習


【日時場所】
2016年12月3日(土) @台湾市政府体育局百齢河川敷公園ラグビー場
【参加メンバー (敬称略、順不同)】
選手(24名):渡邉・松本・入江(重慶)・安田・黒柳・田中(四川)・島田・西松・大澤・江里口・入江・赤星・甲斐・工藤・坂口・二郎・柴田・保谷・ボッキーニ・テラ・林開人(日本)・タツキ(日本/松本息子)・ヒロキ(日本・/松本息子親友)・中島
サポーター:林夫妻・安田家・工藤家・ボッキーニ家・西岡


【試合時間】(7分ハーフ)



■参加チーム
※順不同
・バンコク(昨年優勝)
・台湾
・シンガポール
・ジャカルタ
・KL
・ミャンマー
・インド
・マニラ
・ベトナム
・香港
・北京
・天津
・上海
・蘇州
・広州
(全15チーム)

予選リーグ①
第1試合vs蘇州    ○12-10
第2試合vs上海    ○17-7
第3試合vs台湾   ●7-12

3位決定戦vsシンガポール ●7-12☆全体4位

CUPトーナメント決勝 台湾vsマニラ
※ホスト国の台湾が優勝


【振り返り】

今回の開催地である台湾は広州からも日本からも同じくらいの
距離にあることや比較的近いこともあり、沢山のメンバーが
前日入りした。

前日はしっかり、大会に備えて鼎泰豊本店にてみんなで食事。



夜には梅子にて試合前日の決起集会し、初めて会うメンバー含めてチームの輪を深めた。




今年はインドが単独参加。

今回のRocksの戦術は参加者が多かったこともあり、4チーム編成を行い、3.5分ハーフ毎に
フレッシュなメンバーを入れ替えていくという戦術を取った。
今年は元TOP LEAGERや現役高校生助っ人もいるなど、何やら期待が持てそうだった。

初戦の相手は蘇州白虎隊(前回と同じカード)。
昨年のイメージだと優位にゲームが進められると考えていたが、ゲームが始まってみると
なんだか、感じが違う。明らかに良いチームになっている。。
初戦ということで昨年とRocksにも硬さが見られた。
スクラムがノーコンテストということもあり、セットプレーは安定した。
その中で異彩を発揮したのは、松本Jrとヒロキ。さすが千葉県予選の決勝までいったコンビだ。
おじさんとは違うスピードがそこにはあり、トライを取ってくれた。
厳しい戦いとなったものの、何とか初戦を勝利で終えることができた。
※筆者はこの試合で胸骨を強打し、骨にひびが入った。。



二戦目は、上海チーム。
これも前回大会と同じカードとなる。
前回同様、ここが正念場になると見て、試合前からメンバーの士気も高かった。
ディフェンスを中心にリズムを掴み、チャンス時にはWTB起用の松本Jrに展開してトライをとるという構図が
出来ていた。そのことも功を奏して、勝利。
いよいよ、決勝をかけて次はホスト国の台湾戦。

試合の合間でもRocksは仲が良い。




台湾チームはホストということもあり、参加者数がおそらく最多だったと思う。40名近くがいるように見えた。
ゲームが始まって、一進一退の攻防が続いていたが、前半中盤で相手BKがライン攻撃から裏にキック。
ボールのバウンドも台湾チーム微笑み、これを見事、相手WTBが掴み、そのままトライ。
この試合はアタックというアタックをさせてもらえず、ほとんどディフェンスに回ってしまったのが敗因か。
そんな中でも元TOP LEAGER甲斐がインターセプトからトライ。本人の膝はもう走れる状態ではなかったものの
死力を尽くして、走り切って1本を返した。何とか1本返せたことで決勝への期待を繋げたところだったが、後半ノーサイド前に
相手にトライを取られ、止めを刺された。

CUPトーナメント3位決定戦。
前回も同じ3位決定戦に臨み、負けた記憶が蘇る。なんとしても勝利して、
ベスト3位に入りたいという気持ちはみな強く持って試合に臨んだ。
人数は多く、新しい戦術にて戦ってきたRocks。そうは言っても4戦目となるとみんな体力はきつい。
でも勝ちたい。相手も同じ気持ち。みんな死力を尽くして、戦った。死ぬ気で魂のタックルをした。
しかし、結果は1本差の7vs12で惜敗。
結果は同じ4位となったが、力は出し切った。年々、レベルが上がってきている中でこの結果は
悪くないし、Rocksらしい気もした。


今年は、帰任者も多く出たが、一方で新規メンバーも入り、混成チームとなった。
日頃の練習は10人未満のことも多かった。でも11月、12月は20人弱での練習もあり
試合に向けて盛り上がりを見せていた。キャプテンは試合前の練習にて肉離れ。。
1年練習してきたのにね。。これも運命だったのか。

試合では1年に1回しか会えない人が集まったり、昔のメンバーが集まったりしても
昔、いつものように練習してたような感じで打ち解けあいながら、一つのボールを
必死で追いかけ、盛り上がるのはRocksの良いところだと、改めて感じた。
こんな仲間で大好きなラグビーができること自体が幸せだということを忘れずにいたい。試合後の撮影会。


アフターマッチファンクションは宿泊ホテルの会場。
各チームの順位発表、あるチームはネタを仕込んでいたりと各々に盛り上がりを見せた。


いよいよ広州チームの発表。日本より駆けつけてくれた西岡さんが紹興酒を一気。
ここでは、他のチームよりも強さを見せた広州Rocks!

最後は台湾チーム全員が壇上に上がり、勝利のビールがけ。


二次会は台湾市内の日本食屋を貸し切り、名前の通り焼酎をロックで。
しこたまアフターマッチファンクションで飲んでいたが、ここでも勢いは止まらず、一年の振り返りや試合の話で盛り上がった。


翌日は朝から地元の小籠包屋でビールと紹興酒。



2017年は12月2日バンコク。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月20日練習報告 | トップ | 2月12日練習報告(2017年初蹴り) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。