車輪とビール

次の人生を模索する日々

GINGANEKO名古屋公演ありがとう☆☆

2017-06-18 23:32:29 | IDOL
 表題の件、思うところと溢れるところがあるので語らせて!
 結論を言うと「現場で一番大事にしたいのはその場の空気感」ね。

 自分が常日頃、一番あって欲しいのは「現場に着た方の幸せ」、これ。
 昨日は発表されたその日の内に買ったのが幸をそうしたのか、最強の整理番号で最強の位置で拝見できまして(しかも自分の誕生日に推しをガン見出来る喜び!!!
 ところが薄々感じていたんだけど色々あったみたいで。

 まぁ平たく言えば自分勝手な輩が居てそれの煽りを受けた方にしわ寄せが着たよって、いわゆる世の中の縮図のような自称が。
 自分の人生の教訓として「迷惑かけるぐらいなら自分は控えめに」という、祖母の教えを忘れない用にしているのですが・・・ごめん、自分は最強のカメラマン席だったのだけど沸いてしまってたんすよね。 
 とはいえ、カメラマン席のマナーとして「なるべく動きを押さえる(特に横方向」というのはなるべく守ったつもりなのですが・・・自分の隣がどうしようもない輩で。
 まず、最前なのに無駄に脚立を立て(グレーなところといえばと言えばグレーなんだけど)、さらに後ろなんて知ったことではないと言うやりたい放題やるどうしようもない方。そもそも脚立を立てる程でもないポジションだし、立てる前に自分に無駄に圧をかけてこられた、本当に「マジすか?」と思った程の方です。

 正直「そうなるかもと思ってた」ところはあるのだけどやっぱ想像通りになってしまったらしく。かといって個人的にはギリギリのところだったので注意もできず。
 おそらくだけど、後20cmずれるか撮り方を後ろに気をつければ文句はでなかったと思うの。 
 だけどその方は知ったことではない・・・と言わんばかりだったようで。
 そういった態度がとある写真でにじみでてるのよ。

 まぁそういった撮影オタクのエリアって絶対領域ってあるのよね、やっぱ。
 てか、そこの譲り合いが一番大事でさ。互いに辛いことも知ってるし、逆に何がうれしい事もわかってるからさ。一応そういったところを考えて動いたつもりなんだけど・・・壊したね、彼は。
 でも今の日本を象徴した事かもしれないんだよな、それは。自分さえよければしらねぇ、って方は明らかに増えてるんだし。若いならまだしも(どうしようもないカメコの愚痴はここまでで

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


 肝心のライブはどうだったかというと・・・最高だった。
 何が良かったかと言われると、まずMAPLEファミリー特有の熱量ね。
 これ以上もこれ以下もないんすよね、やっぱ。縁者さんをもり立てる事を一番に考えた振る舞い。そして縁者さんがそれに応えると言うフローこそが魅力。そこが最高で応援してるんだよね。
(色々あるし縁者さんは誘惑に乗れる環境なんだけど・・お察し

 そんな環境下でけなげに、しかし気丈に振る舞うメンバーを観てると「この場に懸けてんのね」って瞬間があってさ。正直今の世の中、文字で表現するのは簡単なんよ?でも行動で示す事がやっぱ一番大事で。オタクに対して一番大事な事ってやっぱオタクの観てる範囲だけでも良いからロマンを魅せることで。
 MAPLEファミリーの現場主義感に「そこに痺れる憧れる、そして尊い」って意気込みを感じてしまい、留まることを知らない不祥事(スミマセヌ???)があっても応援を辞められないわけ。
 普通なら心折れる事象も沢山あったと思うの。でも、そこにあるのは粋ってやつでさ。ぶっちゃけてしまうと「かわいいだけがアイドルじゃないし仲良し倶楽部じゃない」ってのを地で突き進んでいるのが本当に素晴らしい訳よ。そこが自分が応援し続けている根幹なんすよね。
 正直一時期よりはファンは減ったと思うんだけど、また動員が増えつつあると感じている。 
 それはやっぱ熱いファンが沸きやすい現場を作っていると思うからであってさ。

 その現場の輩が沸くのは簡単なんだけど、それだけじゃなくて一人一人が身内じゃなく、演者さんを高めるために己を高める類の空気感がMAPLEファミリーの魅力だと思ってる!
 それがうまく決まったときの現場の破壊力が唯一無二で。周りなんて知ったことではなく、全てを忘れてその場でいかに盛り上がるかに捧げれる訳です。そしてそんな輩を共鳴した瞬間の魂の共鳴というか爆発力が本当に魅力なんすよね。
 こんな高揚が味わえる現場は漏れなく良い。正直この高揚が味わえる現場ってMAPLEだけじゃ無いんすけど、接触すると実はオタク側の気持ちなんて知ったことじゃねぇ、ってと頃がかいま見える純なところが最高なんすよね!
 ビジネス面ではあれかもしれないけど、やっぱそういう隙がかわいいじゃありませんか。そこのギャップが魅力でついつい応援してしまうってマジックにやられてしまってます。

 話がそれましたね。表題のGINGANEKOツアー名古屋公演は、決して大きく無いし皆が幸せではなかったかもしれないんだけど、総合的にはオタクの少ない名古屋なのに熱量がとても濃かった良い現場だったかなって。これだけは言いたくてキーボードをたたいている次第です。



 そしてこれだけは世の中に言わせて欲しい。矢野美優さんには本当に、本当に報われて欲しい!
 ステージに懸けるものは本物で、しかも名前の通り優しさを突き詰めた美しさがある。
 周りに色々思うところもフラストレーションもつきない状況なのに、その場が良い感じに盛り上がった時の笑顔が本当に尊いんです(ガチの涙目になって打ってる
 だから推せるし、衰えることのない麗しさがそこにある!
 今回の銀河猫ツアーは恐らく決まった当初の予定より2人少ない状況なんですが、本当に良い現場になってて。それは間違いなく演者さんの心意気と良いオタクの相乗効果だと思う。
 それを牽引しつつも風を感じてその場を楽しんでる姿は本当にアイドルと言うより頑張ってる人を応援するモチベーションになってるんです。
 世の中かわいいだけであったり、邪心に飲まれた「なめた」アイドルが多い中、信念を貫き通す尊さがそこにある!
 そして自分が応援すると決めた時はそういうところを感じる方だ。

 そういった意味ではヲの金髪、貴方はナイスキャラよ!?二度と観たくないけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あやまる生誕に行ってきたよ... | トップ | Party Rockets GT ONEMAN LIV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

IDOL」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL