車輪とビール

次の人生を模索する日々

チキパぁ...

2017-05-20 06:08:17 | IDOL
 先日綴った通りわたくしはそこそこチキパの応援をしている訳でして、丁度先週金曜日もPM年休取って定期ライブに行ってきたですよ。
 何て言うの、昨年末などは微妙な時もあったのですが、やはり2月の5thライブから何か良い感じに見えたというか。

 そんな中で4月のJAMかなんかも良い感じで楽しかったし、ゆりゃさんのメールも安定して「盛り上がれるようになってきた」という声があったように、自分も今年のちょっとしたブレイクを予感していたわけですよ。
 で、先週の定期も沸き曲こそ少なかったけど、もともと高い歌唱力とバチバチのダンスで良いステージだな~としみじみと、しかし良いもの見たなぁと思いまして。
 そんな感じで鈴木友梨耶さんを強めに応援しつつも、温いかもしれんけどチキパを応援していきたいなぁと思っています。これは今でも。

 というのも、昨日公式から発表がありました。小鷹狩百花さんと溝呂木世蘭さんの離脱。
 チキパにエースとかそういったものはないんだけど、やはり担当はあるもので、このお二方はムードメーカーでかつグループ外の仕事もこなせるメンバー。
 そして何よりチキパさんの良いところはメンバー間の絆のようなものでして、2人留学してはおりますが、一人も欠けずにここまで活動を続けてきたことですが...残念ながらこの度離脱の決断をされたようです。
 アイドルと言えども人なので決断自体にあーだこーだいうつもりはありません。決断のタイミングは人それぞれであり自由だ。気になるときもあるけど詮索はしないのが自分のポリシーだし、何より他人の人生にそこまで興味はないというのがある。
 ただやはり思うところはあるわけで。

 まずチキパのメンバーから発せられていた9人というキーワードがあるのですが、これが完全に消滅してしまうことが非常に悲しい。てかこれが全てなのかもしれない。
 正直チキパさんは以前綴ったようにもうそれなりに長い年月を活動してきたグループで、オタク界隈ではある程度知れ渡っているので新規が爆発的に着くってのは「何か」があってさらに超良いパフォーマンスが合わさらないと難しいんじゃないかなって思ってます。接触に対して力を入れてる訳じゃないし。その「何か」になるのが留学組との合流だと思っていたのですよ。
 「チーム力はダウンしてしまうけど、お互いに頑張る」って意味合いもあったし、それが主張されることも多々あったし。自分はゆりゃさんの超絶メールを受信しているのですが、そういったような話題が出ることも多々ありました。
 変な邪推はせず、普通にそのあたりは楽しみというか期待というか・・・正直合流したときの爆発力に期待していたところは多大にあったんすよね。運営が行けてないとかファンの間では色々言われてるし、自分ですらちょっとそういったところは感じていた部分はありましたが、ゆりゃの一貫性のある行動でつまらんことはあんま考えないようにせず、応援していたところがあります。

 また個人的に印象的なのは、5thりののの挨拶で留学に反対してましたって旨を発言したところ。チーム内でも色々あった、というより今もあるんだろうな、と感じたものです。
 キーワードはやっぱ留学組との合流で、そしてそれを迎える側は大いに盛り上がった状況を作っておくよう気張るってところに対し、5thライブの例えば会場の規模間であったり、端的に言うとファンの人数であったり、仕事の内容であったり、そういった様々な状況との葛藤がすごく印象的であります。

 それを「何となく」乗り越えて合流してこれから活動していくってところに少し期待していたのですが、その「何となく」ってところがダメだったのかなと今では思います。
 人生でも相当良いところですし、色々やりたいところですし、なにより上記はメンバーの発信を感じたただのファンの思いであって、現実的にはステップアップするためにどうするか、という何かがあったのかもしれませんね。その何かが一切触れられない声明と、突然の活動終了宣言がやるせない葛藤を生んでおります。せめて少し猶予があって、最後に卒業って形だったらまだ消化できたし、門出を祝福することができたと思うのですが。
 いかんせん、上記で述べたような自分がチキパさんを応援する上でポイントとしていた9人でってところと、やはり急すぎる決別、そして声明の内容があまりに急で「そんな辞めたかったの」って思いが色々と混ざり、「これまで7人で良い感じにやってたように見えていたのは虚像だったのか...」という悲しい思いもあります。

 せめてこれぐらいは早く払しょくできるような材料が欲しい。あまりにドライな決別過ぎて虚しさしかない。
 最後まで協議したってのはファンとしては知る由も、またそんな裏のことなんて個人的に興味はない。「活動がマイナスではなかったか」、というところと、「メンバー間は特に問題なかったか」という2点を何らかの形で知りたいだけだ。両方思っていたものと違うのなら「しょうがない」で終わりだし、両方問題なかったなら「残念だけど頑張れ」と消化できると思う。
 時間も材料もあまりになさすぎてこのもどかしさをどうすればいいのかわからない。

 また、これまで定期ライブって当日券が出るぐらいの客入りだったのに対し、2人のラストステージとなる来月の定期は声明前だというのに販売されて即完売という「何が起こった」と思っていた矢先だったが故。
 知ってる人は知っていたのか、察知していた人が多かったのか(ちなみに前回の定期ではそんな風に感じるところはなかった)...
 恐らく以前よりほぼ離脱は決まっていたと思いますので、何かのスペースが大きいのか。

 少なくともメジャーに近い規模なのに卒業公演もないし、小さい会場で「ハイさよなら」はかなり寂しいよ。自分、今の7人も何だかんだで好きだし、せめて切り替えれる公演と、決別するならするでこれから両方ともどんな思いでどう活動していくのかって声を生で聞きたかったな。
 恐らく叶わぬ事なんだけど。

 まとめると「材料が無さ過ぎてもやもやしか残らん」。
 せめて整理やら消化できる材料を待ってるよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Cheeky Paradeさんの個別イベ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL