苺とあれこれ

脱サラ苺農家の日常

灰カビ発生とポツンと大玉

2016-12-28 | イチゴ
今日は天気が回復しました。 しかし、灰カビは案の定ちょっとずつ出てきました。
大晦日か元旦は防除をする事になりそうです。

花びらが1枚乗っていたままだったようです。昨日の湿度で出てしまいました。怖いのはここから胞子が飛んで他に移ることです。
湿度94%以上が持続すると感染していくようです。昨日はずっとデジタルの湿度計は99%でしたので、、、、。
あ~怖~。

そんな中収穫しているとポツンと大玉が取れました。


40g。今の時期大きくても当農園では27,8g位で多いのはこちら

17,8g。せっかくの大玉でもパック詰めしようがないですね。
果形の悪いのは70g位の大玉があるのでもったいない気がしますが、そちらとセットにしました。

今年はホントバラツキが目立ち管理に悩みます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びしょ濡れ、、、 | トップ | 親株植え替え »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
灰カビ病 (豊田年男)
2016-12-29 02:35:54
ハウス栽培では、この時期になると気をつけていてもこの灰カビ病は出ますね。
私もハウスで抑制キュウリを栽培してますが、12月になると必ず発生します。
ただ、今年は灰カビ病を見ることなく抑制キュウリが早く終わってしまいました。

コメントを投稿

イチゴ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。