石渡くんと麻生くん

趣味も仕事も音楽の40余年、急にハマったボートレース。ごひいきお2人の観戦日記、ときどきぽちと旅と食い+好きなものです。

蒲郡 あじさい特別競走 優勝戦

2017-06-28 22:40:14 | ボート
麻生くんが参戦中の、蒲郡 あじさい特別競走は最終日、優勝戦の日です。

準優は1号艇のフライングもあって、2着になりましたので、
優勝戦は4号艇で登場します。

優出インタビューで、マエクミに転覆の影響は、と聞かれて、ホントすみません、と謝ってました^^
優勝戦はダッシュで、できればカドから行きたい、と言ってました。

6号艇安藤さんが優出唯一の地元で、1つでも内に入りたい、と話していて、やはり前付けにきます。
展示も4コーススローに入って、内4艇は深め。麻生くんは5カド。展開ありそう!

さあ優勝戦。
やはり、6が前付けで展示と同じ並び。
スタート、2号艇将くんが遅め、6はそこそこきてましたが、麻生くんがビシッとダッシュを乗せて出ていきます。おおーと思ってたら、実況のタカハシアナが、麻生は際まで踏み込んだか、いや、、と言い出します。ああああああああっ、やってしまったのか。スタート判定中からのFコール、、はあ、、4号艇は返還です。ごめんなさい、蒲郡。


レースはよくわかりませんでしたが、
F艇にまくられながらも残した3号艇乃村くんが初優勝でした。1も途中まで2番手でしたが、振り込んで最後方。2着は将くん、3着に6が入って、3→2→6で決着。
返還あっても万舟でした!


ああ、、やってしまいました。
準優も.01で、勘より速かったって言ってたのに、、
チャンスと思ったんだよね。わかるけどさあ、、

もうやってしまったことは仕方ない。
決まってるあっせんしっかり走ろうね。
1期でA1に戻ってほしいし。

ともかく、、一節間お疲れ様でした。
次は江戸川634杯。リフレッシュして、頑張ろうね。 おばちゃんは応援してるよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 多摩川 日本財団会長賞・ス... | トップ | 多摩川 日本財団会長賞・ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿