石渡くんと麻生くん

趣味も仕事も音楽の40余年、急にハマったボートレース。ごひいきお2人の観戦日記、ときどきぽちと旅と食い+好きなものです。

丸亀 G1 京極賞 初日

2017-04-05 20:27:07 | ボート
今日から、石渡さんが参戦する、丸亀 京極賞が始まります。
ナイターなので、紹介式も見られました^^

しかし、、司会のあの方、よくまああれだけ偽善的な言葉を並べられるものだと、、気持ち悪ーく感心しながら見ておりました。

先生のお言葉は、いつものように、断固たる決意で走ります!とおっしゃってました。


さてレース。
初戦は3R2号艇。

あらら、展示タイム、出てないです。。大丈夫かしらん。
展示から6号艇林が前付けにきて、ピッチ離れで遅れ気味の4号艇海野はあっさり出されて、でも、他はだれも入れず、5コーススローに入ってました。本番も同じ並びで、

スタート、内3艇は同じくらい。
1マーク、石渡さんは早く差しに向けて、先マイの1号艇馬場の内を差します、、が、下がっちゃった。。。1は逃げて、後から差した5号艇中田リュータのが前。3番手ですが、外はまくりの3号艇森高がすぐ後ろに。2マーク、内に4や6が突っ込んできて、待っての差し。3番手ですが、3も僅差。
2周1マーク、4が内に合わせにきて、これはかわしますが、狙って差した3に並ばれました。くそー 2周2マーク、3が先マイ、いい感じに差しますが、内に突っ込んでくる6や4がジャマ!!6にも入られた、、
3周1マーク、握って6と並びます。3周2マーク、差して逆転、4着でゴール。

いい感じと思ったんですが、、、しかも道中もターンでやられちゃって、、、
仕方ない、後半がんばろう!!


後半は10R3号艇。
気配よさげな4号艇智也とか、機力いい6号艇中田ゲンタが一緒だねえ。

ここはチルト0にしてきました。
展示タイムも少し良くなってます。

ピットリポートではインタビューも^^1走目を終えた時点のものでした。
スタートしてからはいいかなと思ったけど、ターンしてる間に追いつかれちゃうような感じで、、とおっしゃってました。 
ターンのあとのつながりが弱いので、チルトとか、もう少し調整します、、スタートは初日なのでそんなにいけないけど、、というようなお話でした。


展示でも、智也のがピット離れが良くて、ちょっと危なかったのですが、本番はしっかり出られちゃって、締められちゃいました。あれー、、回り込んでコース主張。なんとか枠なりで 

スタート、内2艇よりビシッといい感じ。外は5号艇守田も同じくらい。
1マーク、1号艇マツダが先マイ、2号艇上條くんは差し、その間をまくり差し!おおお、いいんじゃない??1との間をまくり差そうとした守田は入れず、転覆しました。バックではびたっと並走。後ろは差があります。2マーク、きっちり先マイして先頭です!!わーい^^
2周1マークは事故艇もあり、慎重に外を回って、このまま1着でゴール。

いやー、うれしい!!
京極賞の特設ページに、出場選手分析というページがあって、石渡さんの欄には「コース不問で、特にまくり差しに決定力」と書いてありました。決まりましたねー

勝利者インタも見られました。
ピット離れは、チルトを跳ねたのと、プロペラを止めすぎて、、、と苦笑いでした。またマイナスに戻して、調整するそうです。

とにかく1勝がうれしいデス
明日もいいレースができますように!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大村 G1 ダイヤモンドカ... | トップ | 大村 G1 ダイヤモンドカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿