太田川漁協日記

漁協での出来事や釣果など日々を綴ります

受精卵放流

2016年11月02日 | 

 

水温:14.4度

 

2度目の受精卵放流です。 

宮崎の海産アユを受精させますが、海産アユは産卵期が遅いため、

前回よりも少し遅い受精卵放流となりました。

 

産卵出来そうなアユを養魚場で選別します。

 

今日は川内で作業をしました。

前回と同じようにメスの卵にオスの精子をまぜ、

シュロや石に付着させます。

少し増水していたので、付着させたシュロと石を

深い所まで運んでいます。

今日は、

611g、約153万個の卵を受精させ、放流しました。

 

選別して残った養魚場のアユ達はこれから川で

産卵してもらうため、親魚放流をしました。

宮崎海産のアユ約1,000匹を放流しました。

この子達ももうじき川で産卵してくれるでしょう。 

 

 そして、今日のために、新たな『川子』さんを設置。

 

 

養魚場のアユは今日で全部いなくなり、漁協の大きな行事は終了しました。

来年少しでもたくさんのアユが遡上してくれる事を願っています。

 

 

 

 

 

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受精卵放流 | トップ | カワウ一斉飛来調査 »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事