太田川漁協日記

漁協での出来事や釣果など日々を綴ります

広島市余剰アユ放流

2016年12月08日 | 

 

水温:11.2度

水位:+1cm

 

広島市の水産振興センターに行ってきました。

水産振興センターでは来年の太田川漁協のアユ達が卵から孵化して

すくすく育っています。

今日は、孵化した稚アユ達を今より大きな池に移動する作業がありました。

池で大きく育つよう余剰のアユは海に放流をします。

広島市さんが取り組んでおられる「太田川アユ、しじみ再生」への

取り組みで観音マリーナに放流をしました。

太田川漁協は放流場所まで運搬をお手伝いしました。

来年たくさんのアユ達が太田川へ遡上してくれるよう、

アユ達に祈りながら、海へ放流をしました。

今日は、約 0.065g 20万尾の稚アユが放流されました。

ボールの中で小さくても上ろうとぴょんぴょん跳ねていました。

残りのアユ達は池でもう少し育って来年の1月に太田川漁協へやってきます。

今年も元気に育っています。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

広島大学

2016年11月21日 | 漁協ニュース

 

水温:15.0度

水位:+25cm

 

今日は広島大学さんが来られ、

5月に吉山川で学生さん達と河川清掃を行った体験学習の

感想などを聞かせていただきました。

太田川漁協以外にも農業体験などをされているようです。

地域の人達と交流出来た事を喜んでもらえているとの事で、

私達もうれしく思います。

「清流の大切さを後世に伝える事が自分達に求められていると感じた。」

と、感想文を書いてくれた学生さんがおられ、

短い時間ですが、私達の思いも伝わっている事に感謝です。 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

モクズガニの放流

2016年11月16日 | カニ

 

水温:13.1度

水位:+19cm

モクズガニを放流しました。

 

約 5.5kg

本流と西宗川に放流しました。 

みんなニコニコ旅立って行きました。 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

受精卵放流

2016年11月02日 | 

 

水温:14.4度

 

2度目の受精卵放流です。 

宮崎の海産アユを受精させますが、海産アユは産卵期が遅いため、

前回よりも少し遅い受精卵放流となりました。

 

産卵出来そうなアユを養魚場で選別します。

 

今日は川内で作業をしました。

前回と同じようにメスの卵にオスの精子をまぜ、

シュロや石に付着させます。

少し増水していたので、付着させたシュロと石を

深い所まで運んでいます。

今日は、

611g、約153万個の卵を受精させ、放流しました。

 

選別して残った養魚場のアユ達はこれから川で

産卵してもらうため、親魚放流をしました。

宮崎海産のアユ約1,000匹を放流しました。

この子達ももうじき川で産卵してくれるでしょう。 

 

 そして、今日のために、新たな『川子』さんを設置。

 

 

養魚場のアユは今日で全部いなくなり、漁協の大きな行事は終了しました。

来年少しでもたくさんのアユが遡上してくれる事を願っています。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

受精卵放流

2016年10月21日 | 

 

水温:17.6度

水位:+35cm

 

いよいよ今日は受精卵放流 

 

8:00~養魚場のアユをトラックに積込み

 

9:00~安佐北区口田『大槇の瀬』で作業開始。

すべて現地で作業をするので、河原に机やバケツなどをセットします。

 

 事前に広島市の水産課さんや、水産振興センターの方に指導していただき、

今日もお手伝いに来ていただいたのですが、

いざ本番を迎えると、てんやわんやです。 

 

まずは、トラックからアユをおろし、川に移動します。

車から水の入ったバケツにアユを入れ、酸欠にならないよう

急いで河原まで運びます。

 

卵を絞り、精子をかけ、やさしくまぜまぜ

 

水の入ったバケツに卵を流し入れ、シュロをつけ、卵を付着させます。

 

鉄筋に卵のついたシュロをくくりつけ川に設置します。

 

今日はオス、メス約400匹

1回にオス、メスそれぞれ3匹~5匹の卵と精子を混ぜるので、

約50回これを繰り返します。

シュロ以外に直接川へ流しいれ石にも付着させました。

作業後、石を見てみるとたくさんの卵が付着していました。 

今日絞ったメスの卵は約1,700g

1gで約2,500個の卵があるそうなので、

425万個の卵を放流した事になります。 

たくさん産まれますように・・・ 

 

 

 

すぐそばでは、たくさんのアユが跳ねていました。

 

あとは二郎と川子に想いを託して。 

 

大変でしたが、無事終える事ができ、ほっとしています。

っでも、

    つかれた  

皆さん、大変お疲れ様でした。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加