実力主義の漁業に挑戦だ!授業料は不要でもガッツは必要! 学園で漁師をめざせ! 漁業高等学園 園長ブログ

全国でも珍しい漁業の職業訓練校です。
学園生の様子、厳しさと魅力あふれる漁業の世界をお知らせします。

水技研職員の授業 第4回

2016年10月12日 14時03分05秒 | 研修・見学

水技研職員による授業も4回目です。
今回は中堅女性職員で、この人も水産技師です。

「海の天気図」と題して、海況図の見方や、黒潮が漁模様に与える影響をシラス、サバ、ブリなど例をあげて説明してくれました。

静岡県沿岸の海況図は水産技術研究所のホームページに毎日発表されます。
http://fish-exp.pref.shizuoka.jp/01ocean/index.html

ところで、彼女が「海況担当になって何年か」を生徒に聞いてみました。
「7年くらい?」
と答えが返ってきましたが、実はまだ2年目。
もうベテランであるかのような講義に、生徒も尊敬の眼差しでした!

【関東・東海海況速報】
東京、千葉、神奈川、静岡、三重、和歌山の各研究所の連携で作っています。
私が県に入ったときは東京、千葉、神奈川、静岡による「一都三県海況速報」でした。
現在の当番は千葉県です。

当番には、昼までに県内や、連携県から水温情報が送られてきます。
それに人工衛星のデータを加えて、午後5時までに海況図を手作業で作成します。
漁業では大変貴重なデータになります。

以前、環境部門の研究所にいたとき、「地球温暖化の調査のため海水温を測る」話がありました。
そこで私が「水産技術研究所では何十年も前からの水温観測データがある」と海況速報を紹介しました。
漁業以外にも役立つ資料です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海上保安部の授業 | トップ | さば祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。