1年間の全寮制で漁師になる! 就職率は100% 中卒、高卒、大卒、学歴に関係なく大型漁船の幹部になる道が開けます。

漁師になる!でもどうしたらよいのか..?
県立で授業料が無料の漁業訓練校です。
学園で1年間、学んでみませんか?

カツオの一本釣りも終盤 漁場調査9-10日目

2016年12月13日 13時13分49秒 | 28乗船実習

予定していたカツオ釣りも終了のようです。
12月10日中に帰路についたようです。
学園生は全員、釣り込みができたのでしょうか?

さて、今回も2日分です。

それでは、専攻科生の主直日誌を紹介します。

【12月9日 主直日誌】
 今日は、操業9日目を迎えました。操業は朝から始まりカツオを釣ることになりました。朝は、調子が良く魚の釣れ具合もとても良かったです。しかし、午後からはあまり釣れなくなりすこし休んだあと夕方から再開しました。夕方の食事あとには、少し釣ることが出来ましたが鮫がいたため、カツオが思うように釣れませんでした。日没近くには、カツオの群れがありましたが、つることはできませんでした。今日で、最後の操業でしたがまだイワシが余っているので終わることは出来ません。明日、もう一日操業になりました。今日はあまり釣ることが出来なかったので明日は、釣れるといいです。
  漁業学園との船内生活では、お互いにいろんなことを話し合い将来の話しや高校時代の話しなどをしています。私は、幼い頃から釣りが好きで漁師になりたいと思っていました。漁業学園の生徒も同じ気持ちでいます。私達専攻科生は三年も前から海のことや魚のことを学んできています。漁業学園の生徒にも負けないようにしたいです。漁業学園の生徒は行動が早く本格的に漁師になりたいと思っている人がきています。私達も学ばなければいけません。
  私達の課業の時間では船でしか学べないことを行っています。専攻科卒業後には三級海技士の口述試験があります。口述試験では船に乗っていた経験が役に立つと聞きました。私達が乗船して五次航海も後半になってきました。船でしかできないことを今行い将来にも活かせるようにしていきます。残りわずかな航海ですが頑張っていきたいです。

先生の報告書から
・本日は朝食後から、特大ガツオを釣った。
 漁業学園の生徒も一本釣りが大分上達した。

【12月10日 主直日誌】
 今日は朝から波の状態があまり良くありませんでした。さらに、風力もかなり高かったため船内は一日中揺れに襲われていました。自分は船酔いをしなかったものの、久々の時化にとても疲労感を感じました。周りの人達も、もう慣れたためか船酔いしている人はあまりいませんでした。また、今日は天候による影響で元々予定していた作業を行うことが出来ませんでした。民間船に今後就職したいと考えている私にとっては、少し揺れていても民間船では作業を行うので作業を行いたかったという気持ちがありました。しかし、生徒の安全のことを考えて頂いているのでそこはあまり触れませんでした。
 午後の課業では三級海技士に必要である計算の授業をしました。公式などを使いながら多くの計算をするので少しでも早く公式を身に付け、二月にある本番の海技士の試験に向けて勉強をしていきたいと思いました。また、午前の課業では今日のような荒天時の航行の方法について勉強をしました。将来船に乗っていつか使うことになると思うので、実技の内容は一つ一つ確実に覚えていきたいと思いました。そして、民間船に就職した際には即戦力になるかは分かりませんが、少しでも足を引っ張らないように自分の出来ることをできるようにしていきたいと思いました。
 明日は今日できなかった作業や船洗いなどの作業があります。どの作業も船にとっては必要なことなので手を抜いたりせずに丁寧に作業に取り組んでいきたいと思います。また、船洗いは船に対しての感謝の気持ちを表す作業でもあるので隅々まで綺麗に出来るように取り組んでいこうと思います。

先生の報告書から
・本日調査最終日の予定だったが、早朝より大時化のため急遽中止とした。
・午後若干風力が低下したので、乗組員と漁業学園の生徒で調査の片付けと凍結シフトの準備を行った。

なお「主直日誌」については25日のブログをご参照ください。

【海技士試験の計算問題】
主直日誌にあるように、海技試験で計算問題が出ます。
計算が苦手なあなた!安心してください。
試験の時に関数電卓が持ち込みできます。
ですから、計算力より計算方法を理解していることが大事です。
高度な数学の知識はなくても大丈夫ですが、基本的なことを理解しておくのは必要。
学歴は不要でも、最低限の学力は必要なのです。
  
 園長のつぶやき
もともと、学園生は漁村の出身者が多かったのですが現在は違います。
都市部の海から離れた地域からやってくる生徒がほとんどです。
私も漁村の生まれです。「海はあって当たり前」であり、特別な思いはありません。
逆に海から離れた場所で育った人は、海の魅力を知っているのだと思います。

先週、学園見学にきた中学生。学園への進学理由を
「漁師はかっこいいと思ったから」
と言ってました。
漁村の中学生からは、聞かれない言葉です。

彼の動機はすばらしいと思います。
ただし、私から敢えて
「かっこいい漁師になるのは楽じゃない」
こともお話ししました。
さて、彼はこれから「努力を重ねて、かっこいい漁師になる道」を選ぶのでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特大カツオ釣れた!操業7~... | トップ | 漁場調査終了、沖縄入港 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

28乗船実習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。