実力主義の漁業に挑戦だ!授業料は不要でもガッツは必要! 学園で漁師をめざせ! 漁業高等学園 園長ブログ

全国でも珍しい漁業の職業訓練校です。
学園生の様子、厳しさと魅力あふれる漁業の世界をお知らせします。

水技研職員の授業 第5回

2016年10月19日 15時43分49秒 | 研修・見学

水技研職員による授業の5回目です。
今回は海藻研究のエキスパートが来てくれました。
今は深層水科でサガラメなどを作っていますが、昨年までは下田市にある伊豆分場で毎日のように潜水調査をして海藻やアワビの調査をしていました。

今回は「海藻と海草の違い」や、藻場の役割、磯焼けについて説明してくれました。

生徒からは
「海藻は水深どのくらいまで生えているのか」
「食害魚のアイゴを食べないのか」
などの質問がありました。

【磯焼け】
藻場が消失する磯焼け。
伊豆ではカジメなどの大型海藻が枯れて、茎だけ残った姿が山火事の後のように見えることから磯焼けと呼んでいました。
今では藻場が無くなることを全国的に磯焼けと呼んでいます。
自然現象で無くなった藻場を人為的に回復するのは大変です。
静岡県は磯焼け対策では最先端の研究を行っていて、カジメやホンダワラ類の藻場回復で実績を上げています。
http://fish-exp.pref.shizuoka.jp/izu/0005/12isoyake.html
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-430/sub3.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機関専攻...誰もいません | トップ | 統計からみる水産業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。