1年間の全寮制で漁師になる! 就職率は100% 中卒、高卒、大卒、学歴に関係なく大型漁船の幹部になる道が開けます。

漁師になる!でもどうしたらよいのか..?
県立で授業料が無料の漁業訓練校です。
学園で1年間、学んでみませんか?

わかたか実習 ブラン手繰り

2017年06月16日 09時49分41秒 | 実習

漁師になるための学校、漁業学園。
www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940
こんにちは、園長の青木です。

今日で、カッター訓練もフィニッシュ!
と思ったら、ちょっと風がある天候に...
急遽、予定を変更して「わかたか」でブランたぐりの練習をしてきました。

この日は空き時間も無駄にせず、刺し継ぎ練習と操船実習も実施です。
揺れる船上での刺し継ぎは、いつも実習棟でやっているようにはいきません。
じっと近くを見つめると船酔いも襲ってきます。
それを経験しただけもやる価値がありました。

船酔いする生徒も減ったように感じますが、食事を作ってくれる厨房の方によると
「午前中に船に乗ると、食べる量がガクッと減る」
と言うことで残念がっていました。
「船に乗った日は、よく食べる」
となるのは、まだ先ですね...


8月19、20日はオープンキャンパスを行います。
ロープワークや授業の体験もあります。
近日中にお知らせをホームページにアップします。
お問い合わせ、お申し込みは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp

  【ブラン】
マグロはえ縄漁業では100km以上もある幹縄に釣り針のついた枝縄がぶら下がります。
ブランは、この枝縄のことで枝=branch(ブランチ)が由来と思われます。
2千本以上あるブランは、投縄のときに取り付け、揚げ縄のときに取り外します。
揚げ縄のときに、素速くきれいにコイル状に手繰る必要があります。
どんな作業が興味がある方は、こちらを参考に。
https://www.youtube.com/watch?v=vRqZjMK6z-Q

 園長のつぶやき
4月から始めた県内高校の訪問が昨日で一応終了です。
5月、6月は出かけることが多くなり、職員会議もほぼ欠席でした。
しかし、この時期にやらないと多くの高校生は進路が決まってしまいます。
訪問先では進路指導の担当先生にお話ししますが、熱心に聞いてくれる方、一応聞いてくれる方、様々です。
熱心に聞いてくれる先生は、生徒一人一人の可能性を考えていることが伝わってきました。
来年の受験生が一人でも増えることを祈るばかりです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県庁からのお客様 | トップ | カッター遠漕 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。