漁師になりたい!その願いをかなえる静岡県立漁業高等学園!! 漁師になる道が開けます。ブログで園長が学園を紹介します。

漁師になる!でもどうしたらよいのか..?
県立で授業料が無料の漁業訓練校です。
学園で1年間、学んでみませんか?

水産技術研究所職員の授業2

2017年05月19日 10時53分01秒 | 学園紹介

漁師になるための学校、漁業学園。
www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940
こんにちは、園長の青木です。
ホームページをリニューアルしました!
スマートフォン対応です。
リンク切れなどバグあり、まだまだ手直しが必要ですが、スマホからも見やすくなりましたよ!

さて、先週からスタートした水産技術研究所の研究員による講義の第2弾です。
今回も20代の若手研究員です。
担当してるシラスの話しをしてくれました。

シラスと言っても、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシがあること。
それぞれの獲れる時期が違うこと。
静岡県でどの様に水揚げされているのか。
などなどを、分かりやすくお話ししてくれました。

生徒が見ているのは、シラスの標本です。違いがわかったかな?

漁師.jpにお知らせを出しましたが、6月は17,18日に説明会を行います。
また、8月19,20日はオープンキャンパスも行います。
今年は週末開催で、より参加しやすくしました。授業体験もできますよ!
詳細は、来週中にホームページでご案内します。

学園についてのお問い合わせ先
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp

 【静岡県の水産技師】
静岡県で私のような水産技師は約60人です。
静岡県職員でもマイノリティです。
そのうち約40人が研究所ですが、うち10人は水産業改良普及員として行政の仕事に就いています。
そして17人が県庁。残り2名が学園になります。
静岡県の水産業の規模からすると、水産技師は少ないです。
良く言えば、少数精鋭でがんばっています。
ほとんどが大学の水産学部出身で、生物系を学んできた人が多いので
「静岡県版さかなクン」
が何人もいます。

 園長のつぶやき
先日のブログで温水利用研究センターの見学をご紹介しました。
ここでは、放流用の稚魚を生産しています。

魚は、すごい数の卵を産みます。タラコや数の子の一粒、一粒が卵ですよ。
しかーし!
産み出された直後に、ほとんどが他の魚の餌になるなどで死にます。
我々は初期減耗って呼んでいます。
運良く孵化(ふか)できた赤ちゃんも、目の前に餌があるとは限りません。
敵から逃げる遊泳力もありません。
幸運に恵まれた、ほんの数匹が生き残ります。

一方、人間は多くの場合、一人の赤ちゃんを産んで、母乳を与えて育てます。
それでも昔は死亡する乳児が多かったですが、通常の食事ができるようになった後は死亡率がぐっと下がります。

魚の場合も、ある程度の大きさになると死亡率が急激に下がります。マダイで6cmくらいです。
これが放流サイズです。
死亡率の高い時期を、人間の手で守ってあげる訳です。
産まれた卵のすべてが育つわけではありませんが、それでも自然界よりはるかに多い稚魚が育ちます。

さて、漁師の卵のみなさん。
漁師としてやっていくためには、自分の力で生き残る必要があります。
残念ですが、最初に多くが脱落します。初期減耗です。
学園では、漁師の卵を放流サイズまで育てます。
だから、学園の卒業生は辞める人が少ないのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カッター訓練始まりました | トップ | 救命講習とエンジンオイル工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。