GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

2016年 オランダ・7ヒルズ15k その3

2016-11-20 01:04:35 | グローバルサポート・プロジェクト
日本学生陸上競技連合のオランダ遠征。レース前日となりました。

↓この日は朝食後、車でコースの下見へ。今回7ヒルズ15kレースのコースは、その名の通り
 7つの丘を越えるという意味でかなり起伏の激しいコース。ただ11k過ぎ以降は全体的に
 下っているのもあり男子はコースレコードが41分13秒(これは現在も15kの世界最高)。
 女子は46分23秒という速さです。


↓コース下見後、競技場へ移動。最後の調整練習を行いました。
 先月箱根駅伝予選会では日本人トップの鈴木健吾選手(神奈川大学)。


富安央選手(日本体育大学)。今年の日本インカレ1万m(9月)では6位。


↓青山学院大学の森田歩希(右)と中村祐紀両選手。今月の全日本大学駅伝ではそれぞれ6区、
 7区を走り優勝に貢献。


↓早稲田大学の新迫志希選手。こちらも全日本大学駅伝に出場。1年生ながら5区で区間2位。


↓名城大学の赤坂よもぎ選手。昨年のこの大会では3位入賞。


↓今年の日本学生ハーフ(3月)で優勝した緒方美咲選手(松山大)。


↓今年の日本インカレ1万m(9月)4位の古谷葵選手(松山大)。


↓日本学生ハーフ4位の棚池穂乃香選手(京都産業大)。


今回男子の部にはリオ五輪1万m6位のJ.チェプテゲイ(ケニア)をはじめ、1万m又は10kロードで
自己ベスト27分台の選手が7名エントリー。女子では地元オランダのS.クルミンズ、J.ファンテンバーグの
2名が優勝候補。共に同種目で31分30秒台の自己記録を持ちリオ五輪の1万mにも出場しています。

レースは現地時間20日(日)13:00(日本時間同日21:00)スタートです。

☆弊社インプレスランニング・公式ウェブ・サイト。こちらの方もぜひご覧ください。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 オランダ・7ヒル... | トップ | 2016年 オランダ・7ヒル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

グローバルサポート・プロジェクト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。