陰陽逆転の法則 & 逆転地蔵

陰陽逆転の法則とは、すべては、極めると逆転する。

神の数式である、時間の正体(T)=(M±)±(E)でもあります。

量子論の足りない、何か?とは?

2017-05-20 06:44:41 | 宇宙
量子論の足りない、何か?とは?

。。

これを、語る前に、有と無について、知る必要がある。

有と無


私は、これまでに、

この世である、宇宙Sの正体とは、有と無のせめぎあいである。

と、何度も記入して来たよね。


宇宙Sとは、ビッグバンによって、出現して、やがては、ビッグクランチによって、消滅する。

しかし~~、、


消滅したか?と?  。。  思われた?? その瞬間の正体こそ、これが、実は、まったく新しい、ニュービッグバンの始まり。



つまり、ビッグバンとは、物質M±としての、仮の出現であり、


そして、ビッグクランチとは、物質M±が、エネルギーEとして、変換消滅する。。


しかし、その、エネルギーEの正体は、ビッグバンとして、物質M±として、再出現する。。



宇宙Sの正体とは、この、物質M±とエネルギーEの状態が、互いに反転することを、繰り返している。


これが、宇宙Sの正体であり、言わば、宇宙Sとは、有と無のせめぎあいでも有る。。と。。。


>>>


当然に、これを、私たち人類が観測確認することは、不可能である。。



>>>


しかし、私達は、目の前の景色として、確認可能な、物質M±については、知る事は出来る。


目に見える、物質M±


例えば、自動車、建物、植物、動物、等々。。。。


これらの物質M±を、私達、人類は、有であり、存在確定している。。との認識で思考する。

これが、相対論の正体である。


。。。



常人の、常識的な、相対論的な思考では、確かに、存在しているよね~~


サイズも測定出来る。。

しか~~^し~~


本当に、確定存在しているのだろうか??


。。。


否、否、否、


確かに、測定できることで、確定存在しているようには、見える。。が??


これは、本当は、確定存在だけでは無い。。


。。

時間とやらで、確定存在が、いつの間にか?・確定存在で無くなる。。


解かりやすく説明すると、出現と消滅の両方の、仮の姿、形でもある。


植物や、動物などは、生まれることで、出現する。

そして、死ぬる事、腐敗消滅で、消滅する。

これで、出現と消滅の両方の性質を兼ね備えていることが、理解できるよね。


そして、生物の肉体とは、出現から、消滅までは、常に、変化進行形の途中であり、変化を続けている訳であり、確定しない。

つまり、有として、確認、確定できても、本当は、未確定である。

物質M±である、プラスチックやら、鉄の塊であろうと、、、、

出現しても、酸化するなり、風化するなりして、出現しても、やがては、微細に分解消滅する。

これは、たとえ、微細な分解消滅であろうとも、消滅を意味する。

つまり、有と無の両方の性質のせめぎあいでもある。

ここまでは、理解できるかな?・


これが、理解出来れば、この世のすべての、物質M±とは、変化の途中であることが理解できるよね~^

これ、何度も言うけど、私が発見、発表した、(物質M±には、変化進行形の性質があるので、常に、変化の途中である)って理論の事だよ。


>>。



これが、理解出来れば、相対論とは、この世の物質M±の変化の途中ではなく、確定として測定可能、確定存在として、思考する理論だと理解できるよね。

(だって、この世の物質M±の姿、形などが、確定として思考しないで、未確定として、思考すると、現実的には、不便だから~~  ね。~(σ≧▽≦)σ )

>>。


じゃあ、量子論は、どうなんだろうね~~


量子論とは、相対論が無視する、微細な変化の原因を追究する思考だよね~~

だから、物質M±とは、微細な、何から出来ているのか?

微細、最小の何たるか?? これを、とことん、追及しよう。。との思考なんだよね。

。。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


さて、じゃあ、量子論の未確定、確率の正体とは、なんだろうね~^


私が思うンだが?・


量子論の未確定、確率論って奴を、思考すると~~

現在人類の科学では、素粒子の世界のグルグルを回っている物質M±の軌道の情報確認が出来ない。


本当は、この、グルグル回っている物質M±の軌道だって、ある程度は、正確な測定は可能な筈なんだよ。

地球の自転やら、公転のようにね。。


もっともっと、観測技術を進化、発展させて、もっと、正確に、そして、膨大な量の情報があれば、単なる確率ではなくて、殆ど、確定と言える程に、正確な予測が可能になるはずだよ。


これを、天気予報と比較して思考すれば、理解できると思うよ~




地球規模での正確で、現在の観測情報の、数億倍程度、否、数兆倍×数兆倍、絶対情報量。

絶対情報程度の、膨大な観測情報があれば、天気予報の確率は、殆どが、単なる確率から、やがては、確率以上の、ほぼ、確定に近くなると思考される。




つまり、

量子論の足りない何か?・とは、人類の想像以上、想像を絶する程の、膨大な観測データーだと思うよ。


素粒子、あるいは、それ以下の微細な情報。。

この、人類の想像以上、想像を絶する程の、膨大な、微細な、観測情報があれば、量子論の予測、確率理論も、やがては、確率理論から、ほぼ、確定理論へと変化する。。と、思われるよね~


これは、何を意味するのか??


量子論の確率論は確かに、その通りの、未確定、確率論ではあるが??

膨大な、微細な観測データーによっては、やがては、相対論のように、確定としよう。。との、確定理論に変化すると思うよ。


つまり、量子論の、足りない、何か?・とは、、


現在、人類の、遠く及ばない、微細、膨大な観測データーだと思考できるよね~~

そうすると、未定、未確定、確率論の量子論と、

多少の誤差は無視して、とりあえず、確定として、思考しよう。。との、相対論とは、同じように、確定と未確定のせめぎあいでも有る事が理解出来るよね^

。。
しかし~~

ここで、大切な事は~~

この世には、本当は、確定など無い。。

この世のすべては、変化進行形の性質による、変化の途中であり、未確定である。。と言う事。。

つまり、量子論の未確定こそが、正しいのであって、相対論の確定とする思考の方が、誤りなのである。。

ただし、先程も、記入したが?

この世のすべてが、微細な事を言うと、未確定ではあるけれど~

だからと言って、すべての、物質M±が、未確定として、思考すれば、現実には、不便で仕方ない。

故に、現実の物理現象としては、物質M±の姿、形、サイズ、などは、相対論の思考のように、確定として思考するべきでは有る。。

これが、理解できると、数字、数式は理論上の事であって、微細な事を言えば、物理的には、実現は、不可能である事が、理解出来るよね。

例えば、1メートル、ピッタリのサイズのメジャーを作る?などは、微細な事を言えば、作れないのである。

素粒子、あるいは、それ以下の微細な事を言えば、1メートルピッタリのサイズの物質M±を作る事など、不可能なのである。

物質M±とは、常に、酸化するなり、風化するなり、何等かの変化を続けている訳だからね。。



。。


これで、理解出来ましたか?


相対論と、量子論は、互いに反する方向からの研究理論であり、最終的には、同じ結論に行き着くのである。


これが、相対論と、量子論が、互いに正しいのに、互いが互いを否定する理由であり、行き着く先は、同じであり、


そして、この世の、物質M±とは、確定と未確定のせめぎあいであり、有と無のせめぎあいでもある事が、理解できましたか??

。。



これを、物理理論と数式で示したのが、

実態、宇宙(S)の正体によって、ニュートンの絶対時間 (T)が錯覚発生する、とした、

宙時間方程式 (T)=(M±)±(E)なのである。



。。


これを、究極の自然哲学理論として、語ると、


森羅万象、この世のすべては、極めると逆転する。。とした、陰陽逆転の法則、でも有る。。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


人よ、喜ぶ、なかれ、悲しむ、なかれ、人の、幸、不幸とは、その人物の心が作り出した、幻影である。


幻影、幻影、この世の、すべては、幻影である。


物質M±とは、存在していても、存在していない。


すべては、幻影。。


この春に、満開だった桜の花も、今は、もう、無い。。


この世の景色のすべても、あの人も。。。


何もかもが、幻影。。



出会いと、別れは、天の導き。。


では、今日は、この辺で。。


御機嫌よう


宇宙時間方程式 = 逆転地蔵 = 陰陽逆転の法則


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

最後に、、、、、


この理論は、ネイチャー誌等の、学術発表はしていない。

ンで~~、未発表の理論だから、読者諸君は、勝手に、盗用や、流用はするなよ。

必ず、私の研究理論で有る事を、明記するンだよ~ 


ワカリマシタカ? ~~(σ≧▽≦)σ


ヨロピクね~~  ~♪♪(=^・^=)♪♪




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この、リンゴの写真は、オラ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。