陰陽逆転の法則 & 逆転地蔵

陰陽逆転の法則とは、すべては、極めると逆転する。

神の数式である、時間の正体(T)=(M±)±(E)でもあります。

ローレンツ変換の、光時計の思考実験とは、根本的に誤り。追伸1~追伸2~追伸3~

2016-10-16 16:03:29 | 宇宙
ローレンツ変換の、光時計の思考実験とは、根本的な誤りを、指摘するよ。


光時計の、左斜め下の光の出発地点から、右斜め上に発射したとされ、右斜め上に到着したと。思考されているハズの光、
この、右、斜め上の到着地点に、到着したハズの右、斜め上の光の正体。

この、右斜め上に、到着したハズの、右上に到着した光の正体は、最初の左斜め下から、発射された光では無い

。。。

あくまで、右斜め上の到着地点である、斜め上から見て、真下である、まったく異なる地点から、発射された光である。

。。。

これは、発射された光が、斜め左、下から、斜め右上に、移動距離が、伸びた訳では無い事に、気付けば、ローレンツ変換は、根本的に誤りである事は、誰にでも理解出来る。

光などと言う、思考実験で無くて、水道水で、実験すれば、誰にでも、簡単に理解出来る


これが、理解出来ない者は、馬鹿で有る。

(c△t) では無い。誤りの思考である。

あくまで、 (c△t´)の思考が、正しいのだよ。

したがって、 (c△t) として、思考する、ローレンツ変換、そのものが、根本的に、トンチンカンな、誤りの思考なのさ。。


これ読んでも、 ワカラナイなら、ワカロウなどと思うなよ。


ワカランでもイイ。。

。。。。。。。。。。。。。

2016-10-11 10:01:55

追伸1~~

さて、(c△t)である、左下から発射された光は、真上にだけでなくで、放射状に、斜め右下から、斜め右上にも向かって、飛んでいるよ。

って、言う人物もいるだろう。


確かに、その通り。



それでは、今まで、(c△t)斜めに移動していない、って書いた事が、無意味になるよね??


だからと言って、今までの、光(c△t)は、斜め右上には、進んでいないって、
書いた事は、まるっきり、無駄になってしまう訳では無いよ。

あの光(c△t)は、確かに、斜め右上にも、移動はしているが??

正確には、本来の意とする、斜め右上の、(c△t)と(c△t´)三角地点の、頂上には、到着していない。

ゆえに、三角定数を利用した、ローレンツ変換は、使え無い、って言いたいのさ。

。。

本題は、これからだよ。


ローレンツ変換の根本的な誤りとは、
時速100キロ程度で移動する列車と、超光速の光の速度を、超光速であるゆえに思考しない、ゆえの、誤りだと、言いたいのさ。

↑ この意味が、理解出来れば、誰にでも、わかるよ。

さあ~~、次回に、私が、解説する前に、読者の君達が、それどれ、自分達で、思考してごらんなよ。


次回は、列車と光で無い、思考実験で、説明するよ~~

次回で、(v△t)と、(c△t)と(c△t´)の、ローレンツ変換の矛盾を、指摘。


ローレンツ変換、その物を、完全に撃破、理論説明する。

読者の諸君と、私の理論を、比較しようではないか?  ~(σ≧▽≦)σ


楽しみに、していてくれたまえ。 ~(σ≧▽≦)σ


次回とは、何日頃か??


それは、明日か?? 明後日か??

それとも、一週間程度か?? 一か月程度か??


言える事は、

一か月間も、値打ちを付けて、待たせるような事はしないよ。 ~(σ≧▽≦)σ

他人より、速く知りたいなら、毎日、このブログに、遊びに来なさいね~~

気まぐれで、案外と、今夜にも、書き込むかも?よ~~??

ちなみに、これから、書き込みする、ローレンツ変換の、根本的否定は、宇宙時間方程式のように、ネイチャー誌などに、論文投稿もしていない。

まったくの、未発表理論であるから、読者諸君の誰でも良いから、逆転地蔵の、このブログで読んだとしての、引用を、明記すれば、論文投稿する事を、許可してあげるよ。


アインシュタイン博士と、量子論の、ボーア博士の気分に、浸って見ないかね??

では、今日は、この辺で


ご機嫌よう   ~(σ≧▽≦)σ

逆転地蔵 = 宇宙時間方程式

。。

2016-10-11 11:03:43


以上。

。。。。。。。。

。。。。。。。。



追伸2

ウワッハッハッハッハッハ

知恵遅れの馬鹿が、ホイヘンスの原理を持ち出して、光は斜めに移動している。

などと、言いだしおったわい。(笑い)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14165622769

↑ この、知恵遅れの馬鹿の正体は、puraibeito_00 と言って、本IDでは、語れないで、捨てIDで、コソコソネズミのように、捨てIDで他人を批判する、卑怯者である。(笑い)

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=mekomoekon
 ↑コイツの質問履歴を読めば、コイツの、知恵遅れの、しつこさ、が良く、理解出来る。

。。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=puraibeito_00

↑ コイツの本IDの、質問履歴を見ると、それが、良く解かるよ。(笑い)

。。。
。。。

たしかに、知恵遅れの、言う通り、その通り、光は、放射状に斜めにも移動はするよ。


しかし、光時計とは、本来が、光は上下に進行する、として思考されている。

その、上下に移動する、と思考されているハズの、光時計の光が、斜め右上に移動しているから、光の移動距離が延びている。??

などとして、何だか、訳のワカラナイ、ごちゃまぜ思考で、ローレンツ変換が思考されている。

これが、ローレンツ変換が、ごちゃまぜ思考のトンデモ理論だと、言っているのだよ。


肝心な事は、光時計の光の移動距離は、光は、真下から、真上の距離と同じであって

斜めの斜線のように、伸びていない。って事なのさ。


知恵遅れの馬鹿は、これに気付かないのさ。


。。。
。。。



これは、移動する電車の速度に対して、光の移動速度を無視して、光の移動速度を、ゼロにして思考しているからだよ。

。。


これを、説明するには、移動する電車と、光時計の思考を、変えると、すぐに、誰にでも、理解出来るさ。

。。

重要な事は、

さて、これで、どのような実験装置に変えれば、光時計の光が、長いハズの斜めと、
そして、短いハズの、真上の直進を同じ距離であるのか?


これが、ローレンツ変換は、トンチンカンな、思考から始まった、馬鹿理論の証明になるのさ。

ちょいと、利口な読者諸君なら、もう、気付いていると思う。

次回に、答え合わせをしよう。


2016-10-15 22:44:02


。。。。。
。。。。。

追伸3~

さて、読者、諸君

私は、ローレンツ変換の思考、そのものが、トンチンカンな、誤りの思考である。

と、このように、申しあげているのです。

その根拠を、示すのが、次回です。

次回は、本来のローレンツ変換の元の思考となった、光時計の出発地点から、右に、電車が移動して、移動地点から、真上に直進して、三角点の頂上であり、出発地点から、斜め上の光の移動距離が、斜めになる事で、移動距離が延びる事の矛盾を指摘する。と記入していますね。

ですから、次回は、私が図解で、説明します。

光は、出発地点から、右に移動して、その移動地点から、真上に直進させた距離と、斜めに移動させた、伸びたハズの距離は、本当は、同じであり、これが理解出来ると、ローレンツ変換の思考、その物が、トンチンカンである事を、図解で示します。

。。。

斜めに移動させた、伸びたハズの距離と、真下から、真上に直進させた距離が、どう言う訳か??

同じ距離になる
。。。


ゆえに、ローレンツ変換の思考、そのものが、トンチンカンなのである。

次回を、お楽しみに、お待ち下さいね。

それは、明日か??

明後日か??

お楽しみに、お待ち下さいね。

では、今日は、この辺で

ご機嫌よう

宇宙時間方程式 = 逆転地蔵



2016-10-16 16:03:29


。。

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ、ワカランカ?現在など... | トップ | ローレンツ変換の、光時計の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。