陰陽逆転の法則 & 逆転地蔵

陰陽逆転の法則とは、すべては、極めると逆転する。

神の数式である、時間の正体(T)=(M±)±(E)でもあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イヤアー、参ったよ、グラフの記入してた数字が、間違っていたよ。(①再訂正と追伸説明)(②追伸説明)

2016-11-26 08:42:49 | 宇宙
いやぁ~~ 

参りました。

降参です。


ガンマの数式は、成立しない、意味など無い。。などと、記入しながら。。。。


私が、作った、画像に記入していた、光の速度に、本当は、秒速30万キロと記入するべき所を、秒速38万キロ、などと、誤って記入していたよ。

そして、光時計の移動速度も、光の速度でも移動を、秒速38万キロとして、そして、光の速度の半分での移動速度と、移動距離にも、誤って、秒速19万キロ、などと、勘違いで、記入していたよ。

今回は、両方共に、正しい数字に、訂正しときました。

正しくは、光の速度は、秒速30万キロであり、光の速度の半分は、秒速15万キロでした。。


あ~~、恥ずかしい、限りです。

ここに、読者の、皆様に、謝罪、と、訂正を、申し上げます。



なを、画像は、訂正して、再アップしています。

。。。。


ところでさ~~

読者の皆さんも、私の、誤りに対しては、指摘してよね~~

頼むよ。。




まあ~~、

不幸中の幸いは、、ネイチャー誌への、投稿文章には、30万キロとしていた事です。


。。



では、今日は、この辺で

ごきげんよう


宇宙時間方程式 = 逆転地蔵



2016-11-24 17:55:47 | 宇宙


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



(①再訂正と追伸説明)


訂正ついでに。。

画像の右図の、オレンジ色の矢印が、時計から発射された、光の動きです。

真下から、真上の矢印 ↑ が、移動する時計から、真上に発射される光の動きです。


そして、時計の移動速度が、光速で、斜め右上に向かうオレンジ色斜線の矢印、この斜線は、出発地点から、放射状に進む光の動きを示していますね。

真下から、真上に直進する複数の矢印↑は、移動途中の時計の真下から、天井に向かう光です。

私が、三角形は作れない。と言うのは、この、斜めに進む光が、届いていない。。

と、言う事です。

どうですか??


移動途中の時計の、真下から、真上に向かう光は、1秒後には、時計の天井の、30万キロの地点に、届いていますよね??

その時に、最初の出発地点から、斜め上に発射された光は、時計の天井に、届いていませんよね??


ですから、三角形は作れない。。 と、私が、指摘しているのです。


。。。


さて、左図、の赤線が、時計を、光の速度の半分の、秒速15万キロで移動させた場合です。

グラフの意味は、同じです。

これは、時計の移動速度は、光速度であっても、光速度以下でも、時計を30万キロに設定すれば、三角形は作れない、事を示した図面なのです。


。。。


さて、肝心な事は、これが、光時計のサイズが、30万キロより、短いと、三角形が作れてしまう事なのです。

左図、赤線と黄色の線の交差を見ると解かりますが??

時計の移動速度を、秒速15万キロでは、時計のサイズを、おおむね、25万キロ程度にすれば、斜めの光は、届いていますよね。




本来の時計の真下から、真上に直進した光は、天井にぶつかって、反射して下に向かう

その間に、出発地点から、斜め上に発射された光が、届く。


つまり、ガンマの数式とは、この、時計の反射の余剰距離を、無視している。のです。

時計の反射の余剰距離を無視して作った、三角形を応用して、ガンマの数式は、成立したフリをしているだけ、なのです。。

光時計の思考実験とは、本来が、片道1秒の設定である。

であるならば、時計のサイズは、30万キロでなければ、ならない。


にも、係わらず、どう言う訳か??

時計のサイズが、小さく設定されて、反射のロスを無視している。

つまり、出発地点から発射された光のほうが、真下から真上に進む時計の光の速度より、速く進む訳ではない。


しかし、ガンマの数式は、斜めに進む光の速度のほうが、速い事になっているのです



。。


では、今日は、この辺で。。


ごきげんよう




これを、矛盾と呼ばずして、何んと呼ぶべきであろうか??

2016-11-25 10:16:38


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





②追伸説明  

②追伸説明を読む前に、最初から、読み返す事です。。





さて、肝心な事は、これが、光時計のサイズが、30万キロより、短いと、三角形が作れてしまう事なのです。

左図、赤線と黄色の線の交差を見ると解かりますが??

時計の移動速度を、秒速15万キロでは、時計のサイズを、おおむね、25万キロ程度にすれば、斜めの光は、届いていますよね。





ふふふ (笑い)

これは、光時計のサイズを30万キロより小さくすれば、時計の移動速度と移動距離によっては、斜めの光は届く。。


ふふふ (笑い)


。。


アインシュタイン博士は、時計のサイズを小さくして、時計の移動速度を光速度よりも遅くして、思考実験をしたのでしょう。


これなら、三角形は作れる。 が??


だが、しかし。。

肝心な事は、時計のサイズは、光の秒速30万キロに設定するべきなのである。


読者の皆様、ご理解、頂けましたか??



以上です。


2016-11-26 08:42:49

。。。。。。

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネイチャー誌に論文投稿完了... | トップ | あのね。。キャラハンの時空... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宇宙」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。