陰陽逆転の法則 & 逆転地蔵

陰陽逆転の法則とは、すべては、極めると逆転する。

神の数式である、時間の正体(T)=(M±)±(E)でもあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ローレンツ変換の光時計の思考実験では、三角形は作れない事の、証明説明を終了する。

2016-11-20 10:02:12 | 宇宙


さて、お待ちかね。。


最後に、光時計の移動速度は、光速度でなくても、三角形は作れない事を、発表するよ。

。。。
。。。

では、先ず、左図は、光時計を、光の速度の半分の、秒速、19万キロで、移動させた場合。

そして、右図は、光時計を、光の速度である、秒速、30万キロで、移動させた場合。


光時計のサイズは、共に、片道、1秒、30万キロのサイズのサイズだよ。


左図では、秒速19万キロだから、時計の移動距離は、半分の19万キロだよ。

どう? 
光時計の、移動速度が、光速度の、半分の秒速19万キロで、移動距離が、19万キロでも、三角形は作れていないよね。


つまり、光時計の移動速度は、光速度でなくても、三角形は作れないのさ。。

。。。。
。。。。


真空中における光速の値は 299792458 m/s(≒30万キロメートル毎秒)と定義されている。

ガンマの数式の元である、光時計の思考実験では、光時計は、上下に片道、1秒で設定されているよね。

と、言う事は、光時計のサイズは、立てに、直線で、片道(≒30万キロメートル)と言う事になるよね。


では、このサイズで、光時計の思考実験をしてごらん。


光時計の移動速度が、光速度でなくても、やはり、三角形は作れない事が理解出来るさ~~


光時計の、移動速度が、遅ければ、誤差は短くなるし、移動速度が、速くなれば、それに比例して、誤差が大きくなる。


。。。。。。。。。

。。。。。。。。。


結論、


光時計の移動速度が、遅かろうと、速かろうと、移動速度に応じて、誤差は変化するが??


光時計を、移動させると、三角形は作れない。


三角形は、間違い無く、作れないのであるから、ガンマの数式は、無意味である。



これが、私、宇宙時間方程式の、ガンマの数式は、意味など無い。って理論証明で有る。


。。。。。。。。。

。。。。。。。。。



さ~て、どうかね??


私が、世界で初めて、これで、ガンマの数式を否定出来た訳だが??

これで、ガンマの数式を利用した、アインシュタイン博士の言う、移動する物体の時間は遅れる??だの?? 縮じむ??だの??

そのような事など、有り得ない。って事が、証明出来た訳だよ。


。。。。。。

。。。。。。



これにて、


ローレンツ変換の光時計の思考実験では、三角形は作れない事の、証明説明を終了する。



さ~~て、これは、やがて、世界の物理学界は、嫌でも、認めるさ。。


フフンのフン ♪♪


私は、この事に関しては、あの、アインシュタイン博士を超えたのだよ。


どうだ。。降参かい?? 


。。。。。


何度も言うけど、私の発表理論を、パクルなよ~~ (笑い)
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローレンツ変換の、光時計の... | トップ | ネイチャー誌に論文投稿完了... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宇宙」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。