オルタ死亡?@スターワゴン

2017-12-13 20:30:00 | 自動車@スターワゴン



 おお、雪とは聞いてたけど、ひどい天気じゃあ~りませんか!

 こんな天気の中、スターワゴンで通勤路を爆走していたところ、突然ラジオがOFFに。せっかく生島ヒロシのおはよう一直線聞いてたのに、どうしたんだ!と思ったら、ワイパが超スローモーション。おまけにヘッドランプが超暗くて、ヒータも効きません!

 うぅ、MR2のオルタぶっ壊れたときも、こんなんだったっけなァ…

 特に警告灯が点いたりはしなかったのですが、明らかにおかしな挙動を伴って、満身創痍で職場に到着。スターワゴンも、オルタがお亡くなりになった模様です。困りましたねェ。そのまま職場にスターワゴン置いて、バスで帰ってきました。木曜日に、修理工場が取りに来るとのことです。

 まったく。俺は、バイクや車を修理するために所有しているのか??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーグランプ玉交換@スターワゴン

2017-12-02 20:30:00 | 自動車@スターワゴン

 スターワゴンのフォーグランプの玉交換をしたいと思います。



 というわけで、H2なんて聞いたことない玉が入ってましたが、アマゾン大先生で入手。カー用品店などでは、売っていませんでした。カー用品店がアマゾン大先生に負けるようでは、役に立たないな~



 それでは、まず最初に座金に玉がネジ止めされているので、細身の十字ドライバーで外します。



 ネジが外れました。今度は、反対側が金属クリップで止まっていましたので、外します。



 外れた



 買った玉は小糸ブランドでしたが、GERMANYと書かれているので、舶来品のOEMのようです。



 今回、面倒なので2つ一気に交換しちゃいました。まだ使える1個は、スペア―パーツとします。



 それでは、玉を付けた座金をフォーグランプのリフレクタに挿入します。上下があり、座金には上下逆にハマらないような形状になっていますから、簡単に挿入できます。



 固定の金属バンドをハメてしまえば、バルブ交換は完了です。



 配線は、お間違えなく…向かって左がプラスの赤線です。



 写真だとあっという間ですが、結構苦戦し(笑)、フォーグランプを取り付けました。まだボルトの本締めはせず、点灯確認です。点灯OK!



 というわけで、あとはナットを増し締めして取り付け完了。まぶしい!



 フォーグランプを外すまで気づかなかったのですが、普通に取り付けても、多少本体が下を向くように設計されているようです。まあ、こんな位置にフォーグランプがあったら、眩しいですからね。



 玉交換は完了しましたが、まだメッキが剥がれたガビガビのリフレクタの問題がありますので、フォーグランプを使わない春先にでもなったら再度分解し、リフレクタをメッキ業者に発送して再メッキしてもらおうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーグランプ取り外し@スターワゴン

2017-11-28 20:30:00 | 自動車@スターワゴン



 スターワゴンのフォーグランプが玉切れしてしまいましたので、バルブ交換のため取り外そうかと思います。



 アッパーマウントのネジは、10㍉のネジを回すと簡単に外せます。



 ロワマウントのネジは、17㍉のナットです。配線は、+とーはギボシ接続ですので、引っ張れば取れます。



 片方、外れました。



 同じようにやって、両方外しました。



 ロワマウントのスペーサが、穴が小さくて上から取り出せませんでした。何とかして、上からではなく横から外しました。



 フォーグランプがないと、寂しいね。



 配線は、またすぐにバルブ交換して戻すので、ガムテープで養生しておきます。



 外したフォーグランプ。



 おあつらえ向きに、マイナスネジがあったので、これを回すと分解できるようです。



 分解できました。



 平型端子で、電球に結線されています。引っ張ると、抜けます。



 シリアルナンバー。メイドインベルギー。ベルギーだったのか、シビエって。



 電球をとめている金具を取り外すと、電球が抜けるようです。



 電球を取り出しました。真っ黒です。これはひどい。



 H3っぽい電球ですが、H3のような配線が伸びていません。専用規格??こんな電球、見たことありません。今回は右のフォーグランプが玉切れしましたが、この際面倒なので、両方交換しちゃいます。
 バルブをよく見ると、「55W 12V H2」と書いてありました。というわけで、H2という規格の電球のようです。そんな電球知らね~(笑)。っていうか、こんなサイズで55Wを実現するとは、凄い。

 結論から言うと、わざわざフォーグランプを取り外さなくても、電球交換自体は可能なようです。もちろん、取り外したほうが簡単に交換できますが。また、メッキが剥がれてガビガビになったリフレクタも、脱着が可能な構造であると確認しましたので、物理的には再メッキは可能かと思います。ただ、リフレクタに遮光板とイエローレンズが取り付けられており、これは取り外すことは簡単そうですが、元に戻すのは大変そうです。なので、今回はちょっと見送りですね。冬場はフォーグランプをよく使用するので、春先にでも再度取り外して、リフレクタを分解の上、メッキ業者に問い合わせたいと思います。

 とりあえず、電球はアマゾン大先生で発見したので、即、カートに入れる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーグランプ玉切れ@スターワゴン

2017-11-20 20:30:00 | 自動車@スターワゴン



 まいったね、スターワゴンのフォーグランプ(シビエ・オスカー)、玉切れちゃいました。

 簡単に交換できない構造のようなので、玉が何入ってるのかも分かりませんし、一度取り外して、バラす必要がありそうです。めんどくさいなァ

 バラすついでに、ガビガビになったリフレクタも再塗装なり再メッキなりしておきたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイア交換@スターワゴン

2017-11-18 20:30:01 | 自動車@スターワゴン



 スターワゴンもタイア交換だゼ

足回りチェック


左前

右前

 特に、異状はなさそうです。最近、足回りからカタカタ音が出る時があったのですが、やっぱり異常はないみたい。さすが今年車検を受けたばっかりだけに、シャシーブラックがピカピカです。


左後ろ

右後ろ

 特に異常はなさそうですが、リーフスプリングが錆びてるのが気になる。



 へヴィーメタルバンド、空飢亜IIのチェックです。



 こちら、タイアを交換直後の空気圧で、1.8くらいに落ちています。



 2.2に調整しておきました。



 というわけで、交換完了。センターキャップがぐらついてきたので、固定の金具は来シーズンに新品交換しないとダメそうです。というか、新品出るの??こないだ聞いた時出なかったような気もするけど…



 ミゾはまだたっぷりありますが、来年で6年目なので、そろそろ新品にしておきたいところ。金が捨てるほどあれば、1年中履きっぱなしにして毎シーズン新品交換したいところですが、そんなこと、できるわけがない。



 タイアもウィールの裏側も、洗っておきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加