浮浪節

余暇

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ニコ動」有料会員、さらに減少続く

2017年05月12日 | ニュース等(新しいとは限らない)
 カドカワが5月11日に発表した2017年3月期決算によると、傘下のドワンゴが運営する動画サイト「ニコニコ動画」(ニコ動)の有料会員が3月末で243万人となり、四半期として初めて減少に転じた12月末から9万人減った。

 プレミアム会員(税込月額540円)は、ニコ動上の動画を優先的に視聴できる機能などを備えており、ニコ動を含む「niconico」サービスの屋台骨。1年前の16年3月末に達した256万人で頭打ちとなり、12月末には252万人に減少していた。

 収益を下支えする「ニコニコチャンネル」の有料登録者数も、昨年12月末の時点では60万人と、「順調に増加を続けて」(第3四半期決算短信の説明)いたが、3月末は59万人にとどまった。

 ドワンゴは4月、4年ぶりとなるニコ動の新バージョンを10月に公開すると発表。サーバや画質、遅延の問題を解決し、最新の機能を搭載するという。

●16年度は減益 17年度も減益予想

 カドカワの17年3月期連結決算は、売上高が前期比2.4%増の2057億円だったものの、営業利益が7.7%減の84億円にとどまるなど、減益だった。

 ニコ動を含むWebサービス事業は、売上高が5.6%減の312億円にとどまった。その上、「ニコニコ超会議2016年」のコンテンツ制作費が前回を上回ったほか、ニコ動リニューアルに向けたインフラ再構築や高画質化、HTML5対応のコストが重しになり、セグメント利益は39.3%減の28億1500万円と大幅な減益だった。

 今期は、売上高は3.1%増の2120億円を見込む一方、営業利益は31.1%減の58億円にとどまるなど、減益を予想している。


http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%e3%80%8c%e3%83%8b%e3%82%b3%e5%8b%95%e3%80%8d%e6%9c%89%e6%96%99%e4%bc%9a%e5%93%a1%e3%80%81%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%ab%e6%b8%9b%e5%b0%91%e7%b6%9a%e3%81%8f/ar-BBB0dQa


------------------------------------------------------------------------------------

良く言えば賢くなった。
つまり大して使いもしないサービスにお金をかけなくなったということだが、
悪い意味では残念ながら貧困が加速しており、たかが500円ちょっとすら無駄遣いしてらんないという事でもある。
もちろんYoutubeだとかふわっちだとかの無料サイトに移動したという事もある。
そもそも動画配信者や生放送主というコンテンツ提供者がお金を払うという事自体がおかしな話でもある訳で、
その意味では有名どころの配信者はどんどんマネタイズ出来る配信サイトへと動くのは自然な流れだ。
だが、この流れも一服するだろう。
何故なら、動画配信サイトの広告効果は、さして高くないだろうことが想像出来るからだ。
結局配信業的なものは細々とやっていくものになるんではないだろうか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台・中2自殺:会見中アン... | トップ | 「自力で生活できない人を政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース等(新しいとは限らない)」カテゴリの最新記事