広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際的水管理協力案を提案、李大統領が国連演説

2017-06-20 12:02:50 | 日記





【ニューヨーク23日聯合ニュース】李明博(イ?ミョンバク)大統領は23日、国際社会は今、水問題に効果的に対応できるガバナンスを構築すべきだと主張し、より効果的な国際協力体系の構築に向け、特化?統合された水管理協力案を推進することを提案した。
 就任後初めて国連総会に出席した李大統領は、「世界に寄与する大韓民国:グローバルコリアとグリーン成長」と題した基調演説を行った。これまで20余りの国連国際機関が水問題に関心を持ち活動してきたと承知しているとしながら、水問題はさまざまな分野に波及影響を与える複合的事案だとして、このように述べた。
 李大統領は、「化石エネルギーは代替が可能だが、水は代替不可能だ。水は人間の暮らしにおいて、最も重要な資源だ」と強調し、ミレニアム開発目標(MDGs)達成の必須要素である水問題に対し、議長と各国首脳、事務総長の特別な関心を求めた。
 また、韓国が世界的な海水淡水化技術と統合水資源管理システムを発展させていることや清渓川復元事業の効果などを紹介。韓国の経験と成果は、国土を東西、南北に貫通する主要河川を生かす「4大河川再整備事業」へと結びつき、用水確保と洪水調節の根本策を講じることはもちろん、河川生態系の復元作業も進めていると説明した。
 国連改革問題に関しては、「そのための国連の効率的で効果的な運営がいつにも増して重要になる」と指摘した。各分野で進めている国連改革努力が具体的成果を収めることを期待するとしながら、「大韓民国は国連の責任ある加盟国として、国連が人類と国際社会の発展に向け先導的役割を継続できるよう協力していく」と述べた。

【関連ニュース】
?気候協約の妥結失敗は許されない、潘国連事務総長
?李大統領、途上国の温室効果ガス削減仲裁案を提示
?北朝鮮が日本ロケット非難、安保理制裁の不当性主張
?国連分担金滞納分を来年上半期中に完納、政府が方針
?韓国とユニセフ、世界の児童救済に向け協定締結



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール電化で高額な電気代!... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。