シンプルライフ。

今日も元気で「この道を行く」・・・

わたしの終活

2017年08月10日 | 猫「あの日あの時」

     

      もうじきお盆ですね…

      母は58歳で亡くなり、わたしは母よりうん十年も

      永く生かしてもらっている訳です

 

 

     

       この家はわたしの実家で、父が80歳代の一人暮らしが心配で

       16前に東京から戻って来たわたし達です。

       そして、ぐうはその翌年にこの家に迎えられ生活を一緒に

       して来ました♪

 

 

      

       築50年の実家はわたし達が住むという事で増改築を

       繰り返した家でした。

       その後、父は9年前に94歳で亡くなり…

 

 

      

       6年前の東北の大地震を経験して、耐震が心配になり

       5年前に減築して老人ホームとして建て替え、

       わたしの終活の始まりです。 色々沢山処分しました。

       ぐうちゃんはこの脱衣所の窓から西日を見るのが好きで

       良く見ていた…

       

 

      

       同じころ、東京から次男が近所に戻って来ていたので

       二階で全てが出来る様にして、迎え入れた。

       ぐうちゃんは元気で、流し台のへりからよく冷蔵庫の上に

       乗ってお山の大将だった。。。

 

 

      

       息子とは、生活のリズムが違うのでそれぞれですが、

       仕事から帰ってきたら、食事が出来るようにはしていますが…

       猫にとっては昔の住まいの方が良かったみたいで…

       もう、わたしには先が見えているので、物も最小限度です。

       親の死後、後片づけに子が苦労しないようにと。

       そして、ぐうの最期はわたしが看たい…

       だから、ぐうよりはちょっとは長生きしなければ…

       そんな事を考えて、でも、まだまだ続く

       わたしの終活です。。。

         

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立秋に赤トンボ | トップ | 変わりなく… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポンまま)
2017-08-13 02:23:27
遡りコメントですみませんm(_ _)m
何だか、れこばぁさんの歴史の一端を
垣間見れたようで、嬉しかったです。
息子さんと同じ家に暮らしていても
それくらい距離を置かれるって、理想的ですね。

カーテンレールに乗ってるぐうちゃん!
本当に、お転婆さんだったんですね(^-^ )
でもちっちゃくて可愛い~(*^。^*)

私は断捨離というのが、どうにも性に合わず
整理整頓はしていますが、物の量が半端ないのです。
れこばぁさんのように、終活のこと
本気で考えなければいけませんね。
「ままが死んだら全部捨ててね」と
娘にはお願いしていますが、捨てるにも
お金が掛かるのですよね(#+_+)
ブログを始めて、今まで余り考えたことが無いようなことも
考える機会を与えて貰えて、とても有難いです。
れこばぁさんを見習わなくちゃ。
何もかも取り置かないで、不要だと思う物は
処分していこうと思いました。
ありがとうございますm(_ _)m
断捨離・親心 (れこばぁ)
2017-08-13 13:41:26
ポンままさん! ごめんなさい<m(__)m>

断捨離ね… ままさんは まだまだお若いですもの。
考えなくてもいいと思います。
時折の収納の記事なんか見せて頂いていると
きちんとしていらっしゃるなぁ~って、見事だなぁ~って
思っていますよ(^_-)-☆

終活もまだまだ、将来が一杯だから考えなくても
全く心配ないと…そう思います(*'▽')

それよか・・・娘さんの新たな旅立ちに、息子と
重ね合わせて、感慨深い物がありました。
シェアハウスの息子ですが、やっぱりね、
東京から帰って来たのは
「好きな事をやりたい」って仕事を止めて
帰って来たのです。

色々と仕事をしながら、やりたいことにも頑張って
いましたが、それで食べていくのは難しい。
結局、15年間の仕事のキャリアを生かして
この3月に独立しました。
娘さんを思う親心が痛い程理解できて、親心って
皆んな同じなんだなぁ~って思いました。

また、よく息子も車中泊で出かけましたが
娘さんを見守るままさんの心配も、とってもよく
理解が出来ます。
男の子だって心配なのですからね('◇')ゞ
ましてや若い娘さん!!
同じ親心でも気がかりが大きいでしょうね。
でも娘さんなら大丈夫! そんな気がします。

そうそう「諦めない」って大切ですね。
子供たちはそれぞれ自分の信じる道を
諦めないで、力強く生き抜いて欲しいですね。
娘さんのお写真を見せて頂いて、力強く
生きて来られたようで、息子も設備会社の
仕事ですから、同じような事もしていると
思います。
娘さんは素晴らしい。 
バイタリティーに溢れていらっしゃる。
新しい道に一杯幸せが詰まっていますように…
祈らずにはいられない れこばあ でした\(^o^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL