シンプルライフ。

今日も元気で「この道を行く」・・・

冷たい雨(3)

2017年10月16日 | 日々の暮らし

      

        何故だか、新たな気持ちでまた生きていこう…

        何故なのか?  そんな気持ちになっています。

        もしかしたら、身近に感じていた三毛猫きくちゃんの死が

        そう思わせているのでしょうか?

 

 

       

         逞しく生きたきくちゃんの生き様は、わたしの

         初めて接した猫の生と死でした。

         いずれ、わたしも、ぐうという猫の最期を看なければ

         なりません。

         きくちゃんという少し気難しい猫さんと向き合ってきた

         保護主さんの接し方から、わたしは沢山の事を教えていただき

         学ぶ事が出来たように思います。

         勇気を頂きました。 有難うございます。

         きくちゃん! ありがとう!! 忘れないよ。                     

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たい雨(2) | トップ | 久し振りの太陽 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おかっぱ)
2017-10-17 06:25:01
おはようございます。ありがとうございます。
私など、へっぽこ飼い主なのですが(笑)、
いつも思う事は、やっぱり、なるようにしかならないんですね。
自分だけで背負いたくても背負えない。
だって、相手が猫だもの(笑)。
特に、猫が具合が悪くなったり困った事したりすると、
ドンと自分の肩に、すべてを乗せようとして、
右往左往しちゃって、でも結局、
本猫が自分で解決したり、終わらせたりして。
大したものです。
だから、れこばあさんも、きっと大丈夫。
ぐうちゃんが付いていてくれます。
1人が1匹を背負うのではなく、1人と1匹が、二人三脚で、
そうやって、歩いていけば、きっと大丈夫です。
私も、まだまだこれからですが、少なくともあと4回(笑)、
でも、私は独りで背負わなくっていい。
本猫達と共に、これをもっとうに、
猫達と付き合って行こうと思っています。
ある意味、「他力本願」、時に、「猫に丸投げ」とも言う(笑)。
おはようございます (お針)
2017-10-17 07:43:03
人でも動物でも身近な者が居なくなるのは
寂しですよね

今のこじろうは4代目ですが
1・2代こじろうは交通事故にあい旅立ちました
3代目は外に出かける猫だったので
他所のワンちゃんのエサを食べてました
栄養過多で旅立ちました。。。

4代目を飼うについて又同じような事になるのは
嫌なので飼うことを諦めてましたが
息子が4代目を連れて帰ることになり
今は癒しになり毎日お世話係で(笑)楽しんで
おります

おかっぱさん! (れこばぁ)
2017-10-17 20:08:08
こんばんは。
大変遅くなりました。ごめんなさいね。
今日は午後からの来客で、普段手抜きの生活なので
こんな時はあちこち大変でした(笑)

おかっぱさん、おっしゃって下さった事
よぉ~く解りました。
肝に銘じて置きます。
何もかも一人では無理なのに、何だか
一身に背負ってゆかなければいけないみたいな
気持ちで、そんな時はどうしようって
恐怖を感じているようでした。
もがいても、なるようにしかならないですよね。
一人と一匹が二人三脚で…そうですね。
「本猫と共に」ですね。
解りました(笑) 有難うございます。

おかっぱさんも、ちょっと淋しくなるけど
まだ可愛い4にゃんがいるので
個性豊かな猫ちゃんとの暮らしのブログで
4にゃんの姿を見せて下さいね。
今日は有難うございました<m(__)m>
お針さん! (れこばぁ)
2017-10-17 20:27:23
こんばんは! 遅くなってごめんなさいね。

お針りさんは今のこじろうくんの前に
3匹のこじろう君との別れを経験されたのですね。
交通事故は可哀想ですよねぇ。
もう一匹のこじろう君は食べ過ぎでしたか。
それもねぇ。お針さん辛かったですね。

でも今のこじろう君は、マイペースで
可愛いではないですか(*^-^*)
随分慣れてお針さん子になっていますね。
息子さんが帰られて、ほんとに良かった。
まして、こじろう君みたいなかわいい子を
連れてくるなんて…
そして、すっかり愛媛っ子になっていて
お針さん!よかった! よかったですね。

コメントを投稿

日々の暮らし」カテゴリの最新記事