愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

腰痛と名画は忘れた頃にやって来る

2017年03月06日 | Weblog

昨日夕方、車に積んである灯油のポリタンクを下ろした。

満タンのそれは18リットルじゃ無くて生憎20リットル。

よっこらしょっと持ち上げたときに、いつもなら何でも無いのに
あらら、なんで腰が痛いのと思いながらも、えっちらおっちら運んだ。

と、足の運びと共に腰の痛みが増していく。(^^;

途中でやめるわけにも行かず運び込んだ。

おう、ついにギックリ腰かと思ったけど、どうしようもない。

その後、前屈みは勿論、腰をねじると痛みが走る。
おそるおそる背筋を伸ばして真っ直ぐに歩くだけ、下のものを拾うのに一苦労。

手を伸ばしてものを取るのも辛い。

こんなの初めてかなぁ?それともあまりに昔の事で忘れたのかなぁ
なんて思いながら騙し騙し寝た。

寝たけど案の定、安眠できずの一夜だった。

ネットで調べると、初期は冷やせというのと、冷やしても治らないというのと
意見は様々。近所にいい整形外科が無いので医者にも行かず
整骨院にも行かず、様子見の一日を過ごす。(^^;

仕方が無いからテレビを見ていたらBSで「ガンジー」をやっていた。

いやぁ、これが見事な大作。流石のアカデミー賞。
これは、是非一度は見て貰いたい映画。

恥ずかしながら、パキスタンが出来た経緯を今頃知った。

ギックリ腰のおかげでビックリするような大作を見せて頂いたのだった。
ギャグってる場合やおへんねんけど。

ま、いずれ収まるし、今までどうにもならんかった事はないし。
世の中何とかなるようになってるのでね。(^^;

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習い事 | トップ | 今日の大ボケ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腰痛に神仏は無力 (リチャード)
2017-03-07 07:53:51
ギックリ腰には2回なりました。
1回目は重い机を一人で移動させようとして・・、
2回目、これはわけがわからんのですが、職場の事務室の電話が鳴って受話器をとろうとして、イスからひょいと立ち上がった瞬間、ギク・・!
そのイスは応接室の長イスで深く腰掛けるというものだったが、それにしても、理不尽なり!必然性も何もない。
神や仏などいない、いる理由がないとその瞬間思いました。(笑)
 次の日は仕事を休み、激痛で朝からあぶら汗をながし,近くのクリニックで、脊髄に注射をして楽になった。注射針から液体が、脊髄に注入されていく、気色悪い感覚をまだ覚えています。ともあれ神仏の力によらず医学の力によって解決しました。(笑)
この経験から類推して、慢性的腰痛の友人の話を聞くといたく同情するしだい。

Unknown (キャサリン)
2017-03-07 14:24:58
普通の場合はしばらくするとおさまるはず・・
でも、決して治りはしませんよ
その後何かにつけ、ちょっとしたことで
腰痛持ちになったごとく、痛みが伴うように
なるのではないかと・・・これ私の経験っす
私も2度ほどやりました
しかし、私の場合は重い物を持ったわけでも
なく、自然発火でした、まぁ~俗に言う加齢
でしょうねぇ~
兎に角、御労りくださいませ(*^^*)
注射 (リチャードさま/愚石)
2017-03-07 17:31:15
おお、脊髄注射ですか!
相当酷かったんでしょうか。
聞いただけで尻込みします.(^^;
所謂神経ブロックでしょうかねぇ。
目、歯、〇〇とはよく言いますが
加齢には腰、膝もメンバーに入れねばならんでしょうね。
日頃筋肉を鍛えているといいとは言うけど
どんなに頑張っても加齢と無縁の華麗な人生って無理でしょう。(^^
おっ (キャサリンさま/愚石)
2017-03-07 17:34:14
決して治らない!?
断定ですか。(笑)
癖になるとはよくいいますけどね。
五十肩もそうだった。
忘れた頃に治って、忘れた頃にまたなる。(^^;
あの時、米を喰うと治った気がしたので
昨夜せっせと米を喰いました。
めずらしく。
動かないで食うばかり、、太るがな。(^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL